FC2ブログ

2019-09

頭を冷やしておみやげを

2015-06-17

Category :日々のこと

 こんにちは。

昨日は、本当は母と出かける予定だったのですが、ちょっと事情があり、一緒には行けなくなりました。

 たぶんもっと前なら、1日か半日近く、根にもって、怒りをぶつけてたでしょう。久しぶりで、楽しみにしてたので。
 ……なので。
一人でちょっと、越谷レイクタウンまで、(行き先変更)行って来ました。案外、うちから電車でなら、わりと近場なんですよ。あまり行きませんが。…広すぎて、迷いますもの。笑

 だって、好きでぶつかりたいんじゃないですし、悪いのは「事情」ですもの、ね。
 
 怒るとその時によってですが、ちょっと「一人」になるほうが、頭を冷やせて、落ち着くのが分かったのは、実は最近だったりします。 (笑)

 
 髪留めなんかより、実用的なものをあげるほうが喜んでくれる母には、「毛染め」を。
そんでもって、加齢臭と男臭さに対抗するべく、消臭スプレーを。
 自分用と、友達へのプレゼント用に、ヘアアクセ。 頑張って、200~600円くらいな、ふところに優しいお店を探しました…!
 

 で、最後。帰りに、レイクタウンのそばにあるコンビニで、アイスを食べて、すっかり落ち着いてから、家へ。
 母とのおでかけは、またいつやらに。…「ブラック」の染色が売り切ればかりだったので、一回分を二つ、なのが申し訳ないですが。苦笑

…では、また。

 


いつもありがとうございます。押していただけるととても励みになります~。

にほんブログ村 その他日記ブログへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

「ミミズク夜の王」と「毒吐姫と星の石」(私的おすすめ)

2015-06-23

Category :日々のこと

こんにちは。

本の整理をしましたら、この本がでてきました。
「ミミズクと夜の王」
「毒吐姫と星の石」

 どちらも、「紅玉いづき」さんという方が書かれた、電撃文庫の本です。
別名、「人喰い物語」です。文字通りではないので、ご安心を。

↓ミミズクと夜の王、表紙です。
ミミズク

永らく、読んでから日が経ちますが。今でも読み返さずとも中身を覚えている、私にとっては珍しいような、お気に入りの本です。

この先、あえて「読み返さず」お話を簡単に説明します。内容と違っても、ご容赦願います。

「ミミズクと夜の王」
 「ミミズク」という、1人の奴隷の女の子が、「夜の王」や森に生きるものに、「あたしを食べて」と言ったり、それから共に過ごしたり。
あるとき、「人」の騎士が、「子どもが攫われている」と、夜の王とミミズクを引き離します。そして…?

 「ミミズク」は、ひとからの「好意」を知らないような、「奴隷」だったので、夜の王からの優しさが「はじめて」でした。
そして、「騎士」らはそんな女の子を、とても愛しく思うのです。
 ミミズクは、どちらからの「好意」にも、最初は鈍感で、とある時にふと、それに気づくんです。
 奴隷だった女の子が、きらきらとその命を輝かせるまでの。そんな、お話です。


「毒吐姫と星の石」
 ミミズクたちの世界の、「ひとの」王の弱く聡い、王子と。彼のもとに嫁いだ、「ひとを信じられない」で、ひとには「毒」を吐き、自分のことすら嫌う、小さな女の子との、お話。(たぶん)
ミミズクが、「みんなの太陽」のように話されていて、大切なとき、お姫様の背を押してくれます。
 ここでも、ひとの残酷さと、優しさ。両方が描かれています。
 …ちなみに、涙腺の弱い月凪は号泣しました。両方。
 ここでは、ひねくれ者のお姫様に、王子は心を寄せ、心が返って来るのを待つのでした。
互いに、あまり優しくない境遇をもつ者どうし(?)、許し合うところが、「恋愛物語」になっているのではないでしょうか。
 最後、お姫様は王子の「恋心」を望むのは、彼女の成長が見受けられます。



 さてさて。ここまで、「記憶」に思いっきり頼みで、説明してましたが。
 ぱらり。
……うん。大丈夫。だいたい、間違いじゃない。このままでいこう。


ではでは。どうか、興味を引けるような説明になっていますように。
また。

癒しのフルート

2015-06-25

Category :日々のこと

 こんにちは。


夢を、見ました。
中学に戻って、部活で、――フルートが吹けなくなる夢を。

月凪は、肺活量が足りないだろうに、小学校で「音楽クラブ」としてトロンボーンとユーホニュームを吹いて。中学では、フルートを吹いていました。
理由としては、単純に。
 「音楽」が好きで。「楽器」が好きで。

普段も、声は小さめでして。それはもう、中学では体力作りから始まりました。
まあ、「楽器」を扱うのに、肺活量はもちろんのこと。長時間演奏できるように、腕力というか、筋肉というか。
 そういう面も必要なんで、「吹奏楽部」というのが、運動部並み、またはそれ以上に、ハードだというのは、「大会」を意識するところでは、どこも同じでしょう。厳しいんですよ~。苦笑。

でも、「音楽」への、または「楽器」への愛は、携わる人たちは人一倍ではないかと。
 私も、一応その一人で、今では手元にマイフルートがあります。


 実は、フルートにさわるのは、2、3年ぶりだったりします。…自分のなのに。
とある日に腕が…いえ、指が回らなくなって、それからはしまいっぱなしでした。
「落ちた」自分が悲しくて、目を背けてました。


……「夢」では私は、「音」すら出せなくなっていて。
ひどく、夢なのに忘れられなくて。

そして。数年ぶりに、フルートをだしてみました。

フルート


 …きれいな状態でした。錆もなく、壊れてもなく。

――「音」
――「指」
――「曲」
 それらが、ちゃんとできて、とても嬉しく、安心しました。
前のときよりもリラックスした「指」は、ちゃんとそれの「動き」を覚えていました。
 リラックスした状態で、何曲か簡単な曲を吹きました。
中学でおぼえた「崖の上のポニョ」、自分で買ったジブリの「君をのせて」。「secret base ~君がくれたもの~」など。

 ふと、「癒された」自分がいました。
……誰がなにを言おうと、このフルートは、「わたしのもの」です。
 私が下手でも、楽器は文句は言いません。癒しをくれます。

 …ありがとう。これからもよろしく、マイフルートさん。


 さて、明日は病院の日です。どうなることやら。
では。









 
にほんブログ村 その他日記ブログへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

お手製ラッピング

2015-06-28

Category :日々のこと

 おはようございます。
今日は、久々に高校の同級生と会ってきます。今回は、女の子だけになりました。

…で。
誕生日の子が、5,6月分で私を含めると3人。ということで、2人にプレゼントパックを作りました。

プレゼント

みんな今年は二十歳。成人です。
なのと、去年が私的に手抜きだったので、今年はちょっと豪華にしてみます。

物の割に低価格なものを集めて、百均の袋に詰めて。
口を閉じるところの、ゆるい波?のところは、難しく感じる方もいるとは思いますが。2月のバレンタインの友チョコだとかをラッピングやら、今回のようにプレゼントラッピングしてるうちに、なんとなく慣れました。
 
 我ながら。「ダメ」な時はとことんですが、「いける」時はけっこう器用になれます。練習すれば「両利き」もできなくはない、のかな?
利き手は右なんですが、リュックは左手にチャックがある方が伸ばせたり。テニスや卓球では、「下手」は下手なはずなのに、左手でも打てたり、難しい位置の玉のほうが、逆に打ちやすい時もあります。笑
 一応、「器用」ならしいです。

……さてさて。
喜んでいただけるといいのですが。
ではでは~♪



いつもありがとうございます。押していただけるととても励みになります~

にほんブログ村 その他日記ブログへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

自己評価と統合失調症

2015-07-19

Category :日々のこと

 こんにちは。

ふと、「統合失調症」についてを調べてみまして。
 するとどうでしょう、ずいぶんいろいろ当てはまりました。

参考にさせていただいたのは、統合失調症ナビからです。


月凪は、自己評価というものが、やたらに低いです。(アリ以下だ、とか)
というか、

「どう見られているのかわからない」

のです。

【自己像がひどくあいまいで、受動的な態度が目立つ】

という文字に、ビクッと。

【あいまいな自己像が現実検討力の低さと結びつくと非現実的なうぬぼれや高望みとなり、逆に自己評価の低さに結びつくと現実の自分の価値に頼ることをあきらめてすべてが他人任せの受動的態度が目立ってきます】

 さらにビクッと。

確かに、ここ何年の中で、いつのまにか「頼られると困る」ような部分があったり。
「まあいいや」とか、「なんでもいいや」
とか。投げやりなところが多くなりましたねえ。

 まさか、そんな内面的なところまで、病気が影響しているとは…。恐るべし。


 …では、逆にいえば。
「自分に自信をもつ」とか「今の自分を認める」ことで、心持ちが変わるのかもしれないですよね。

…まあ、言うのは簡単なんですが。実際のところ、けっこう大きな問題です。
「自分に自信がない」部分は、わりと昔からある要素なもんで。


……。
…うーん。
とりあえず、「自分がどう見られているのか」
「周りからの評価を信じる」ことから、はじめますか。

 そうです、そうです。
自分に自信がないなら。
「周りから見られる自分」を信じる。
 それで、一歩前進、ですよね。きっと。

ではでは、また。





いつもありがとうございます。押していただけるととても励みになります~

にほんブログ村 その他日記ブログへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

ヤクルトレディと健康の危機?

2015-08-14

Category :日々のこと

こんにちは。


我が家ではいま、ちょっとした危機的状況にあります。
 それというのも。

夜のエアコンの風にやられて、父と兄が風邪を引きました。
 最初は父が。喉からはじまり、今は二人仲良く鼻っ風邪です。苦笑

で、マスクをしてくれないのです。
(口呼吸だから?)息がしづらい、とのこと。
で、くしゃみのとき、これも二人揃って口を抑えてくれないので、正直……ご飯にかかるんです。
 で、それを私らは食べます。当たり前ですが、風邪がうつる可能性大です。もう、たまったもんじゃありません。
(特に母からすると)

……で、こういうときの救世主が、「ヤクルト」です。

じつは、もともとうちでは、兄のてんかん(いわゆる発作)のための粉薬を、小さい頃はヤクルトに混ぜて与えてたんです。
 「ヤクルト」は、「整腸薬」です。じつは、お薬を飲むのに苦労する方や免疫力の低い子どもなんかには、もってこいなんですよ。
実際に、使用している方も多いようですね。

で、そういうわけで、週に1度はヤクルトレディさんがきてくれます。
ちなみにうちでは、給食にでる「赤い」のではなく、「青い」ヤクルトを購入してます。
甘ったるいのが苦手で飲まないなら、青のふたのヤクルトをおすすめします♪
 私は飲み慣れてますが、わりとサッパリしてるんですよ。

 で。
ある時から、「水でも飲めるように」なってから、あまりヤクルトを飲まなかったこの何年。
 ……兄の免疫力、けっこう下がっちゃいました。苦笑

いま、ふたたび飲んでます。
 ちなみに「これは引いちゃった?」となったら私は「2本飲み」をします。すると、翌日うまくいくと、治ることも♪

季節の変わり目やらに弱い方やら、薬がうまく飲めない、などの方に、ぜひ。

ではでは。また。


追記
すみません…。
青のヤクルトは、「ヤクルトレディ」からしかいただけないようです…。(つまり訪問販売)
本当にすみません……。失礼致しました。



いつもありがとうございます。押していただけるととても励みになります~

にほんブログ村 その他日記ブログへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

笑顔とあいさつ

2015-08-15

Category :日々のこと

こんにちは。


月凪は小、中学のころあたりでは、「あんまり笑わない子」と思われていた節があります。わりとどこでも「一匹狼」みたいになり…。苦笑
それを「教訓」として。もっとうまいひと付き合いをしたい! ってなことで。

あるときから、人前や、すれ違いざまには。軽く口角をあげて、あくまでも自然体で「穏やか・にこやか」にして。
できるだけ、優しい雰囲気を心掛けるようにしてみて、数年…。

 なんだかもう、癖みたいになっちゃいました♪

いえ、本当に。
近所の方なら、「だれ」とわからなくとも、挨拶又は会釈をするぐらい。
たまに、相手が「?」な顔をして、
母から「知ってる人?」
私が「え、知らないひとだった?」
 なんてことも。笑

とりあえず、「目が合えばこんにちは」
ですね。たとえ知らないひとでも。(まあ、ひとによりけりで)


「ありがとう、ごめんなさい、こんにちは。あとは笑顔」
 母は、このことをとても心掛けて。いまのいままで、ぶっきらぼうで言葉足らずの父を支え、時には担ぎ上げるくらいの勢いできました。
「なにがあっても、常識と笑うことができれば、よっぽどのことでなければ、ひとはなんとかなるものだから」

いつか、そんな感じのことを話してくれました。

父方の祖母が一緒にいて、元気だったころ。私がまだ生まれてない頃に。
兄や長男が、いろんな騒動をおこして(祖母が『ばあが見てるからね』の最後に『いなくなっちゃった! という)ご近所さんにいろいろとご迷惑やらご心配やらをかけてしまって(今もですが)は、
「こんなの、うちの子じゃない!」
「母さん! ちゃんと謝ってらっしゃい!」
と、頑固で世間体ばかりを気にする祖母だったようです。

…寒いだろうからと、風邪ひきの赤ん坊に毛布をぐるぐる巻き、たばこを吸いながら、ストーブのすぐ前に兄を置き。その結果肺炎を起こさせたのは祖母で、母はわが子らをあまり見ることをさせてもらえず。(初孫なので、余計に?)
 なのに、
「この塗り薬を塗ったんだけど…いいでしょ?」
「病院にいってらっしゃい~」
 そしてお医者さんに、母が叱られたようです。
……私からしたら、その光景は目に浮かぶようです。
 

けれど。
最期のさいごを看取ったのは、意外にも母でした。一粒、最後に涙を見たらしいです。

よく、近所の方からは
「あなたが悪いんじゃないのは、わかってるから」と、謝りにいくと元気づけられて。
「あなただから、ここまで耐えられたの」と、祖母がいなくなってから言われてたり。

「あら、女の子大きくなったねえ。一緒におでかけ、いいわね~」


 つい最近では、母の荷物持ちによくスーパーまでいくんですが。そこで
「お嬢ちゃんいい子よね~。いつも会うとニコニコあいさつしてくれて」

なんとはなしに、母を見習った結果ですね。
 ……みている人は、きっとちゃんといるんですよね。そのひとの「人柄」というものや、「頑張り」を。

――だから、わたしたちは笑うんです。
誰かが微笑んでくれるように。
自分自身が、楽しめるように。

案外、そういうのって、そういう心って。時代がどんなに辛くても、それこそ、七十年前や、もっと前でも。

つらいことも、いつか「あんなこともあった」と、振り返られるように。
――苦くても、それを超えて笑えるように。

…そんなことを、ふいに思った、終戦記念日の今日でした。




いつもありがとうございます。押していただけるととても励みになります~

にほんブログ村 その他日記ブログへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

「痛い」と「辛い」 ※閲覧注意 けっこう重いです

2015-10-09

Category :日々のこと

いつものことなんですが。

私はよく、自分の「声」を殺して、無言になることが多いです。
「痛い」と「辛い」。これも、おもてにはなかなか出しません。
 なのでとある人たちからは、「面白みがない」と思われてたかもしれません。

一番初めは。
「いじめっこ」からどうにか逃げたかったから。
反応がなければ、「面白くねえ」と、来なくなるかなあ、と。
 ……結果はむしろ、エスカレートしていきましたねえ。なぜか。
 

 傘は凶器です。投げたり、突っついたりはしてはいけません。
私は、傘のおかげで、ランドセルがボロボロになりました。
 ビンタは加減をしてください。やられるほうは地味に痛いです。
 「取ってこーい」で帽子を砂場に投げないでください。自分の持ち物でないのを思い出してください。


ちょっと話を変えて。
今まで私は、よく怪我をしてきました。
綿棒を入れすぎて中耳炎になったり。耳にカナブンが入ったり。
火傷、捻挫…。
 そのなかでも、一番痛かったのは「骨折」でした。
骨折したのを、「これぐらい大丈夫」と、一日半くらい放置して。
 放置したせいで、折れた部分がちょっとだけ曲がってしまったのを。平行にするために、うでを伸ばされました…。(引っ張られたともいう)
 その時、まわりは「何をしているんだろう」と不思議がっていたらしいです。

 まあ、そうですよね。一言も声をあげなかったんで。
「痛い」はいたかったですよ?
脳がひっくり返ったんじゃないか、ってくらいには。
 後から、「大男でも痛くて泣くのに」と、驚きを口にされました。
 
でも、「声を殺す」ようにしてたうちに、「声が出せなくなった」んですよ。
だから、上記のいじめっ子やら怪我やら。
ぜーんぶ、声なしです。

そりゃ、面白みもないでしょうね。

あと。
「辛い」
 これも、その「時」は
「なんでもない」、「これぐらい大丈夫」
 と、半分無意識に意地を張ります。
 でも、「まだまだ平気」と思っていたことほど、「辛かった」と、後になって思います。


 また話を変えて。
最近、いろいろな友人から、アドバイスをいただきます。ありがたいことです。
「自分を知る」
「自己主張をする」
「自分を知ってもらう」
「自分を褒める」

どうやら、けっこう私は、自分のことを抑えている、というか。
 いろんな自分の「こえ」を封じ込めているのが、とあるひとたちからはバレバレなんですかね。笑

「いま」はちょっと。それの挑戦へのエネルギーまではないので。
…もうちょっとよくなったら、です。



追記。
いろいろと重い話を、あんまりにもし過ぎてしまいました…。
何度もお越しくださっている方は特に。気分を害させてしまいましたら、大変失礼致しました。
 
これからはもっと、全体的にポジティブにしたく思います…!
 ここまで読んでくださり、ありがとうございます。




いつもありがとうございます。押していただけるととても励みになります~

にほんブログ村 その他日記ブログへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

2015-10-18

Category :日々のこと

ひとの考えは、十人十色。
みんな違って、みんないい。

…とはいえ。
何千、何万といれば、「傾向」として、似ている考えの、「タイプ」のようなものがでてくる。

私たちには、人生のどこかで、ありとあらゆる「分かれ道」があるだろう。
 その、「分かれ道」の、どこにいくか。選べるときと、そうでない時があるかもしれない。


著者でいう、「留年」。
それは、「過去」の私が歩いた先の道だ。最期の年の、自身の行いから、導き出されたものとも言える。

 「留年」という事実は、その瞬間こそ、嘆いたものの。どこかで「可能性」として考えていたぶん、案外、受け取りはすんなりとできた。

「あなたは留年です」
というボールを、心うちに受け止め、最終的には、
「わかりました」
と、また考えを投げ返す。
 それは、「良い」部分も「損」な部分も持ち合わせているのが、私の性質だ。

ひとのなかには、
「あなたは○○です」
という、なにかの判定に対し
「そんなの認めない」
と、反抗的に投げ返すひともいれば。
「どうして?」
「これからどうしよう…」
 と、自身のなかで整理がし切れず、ただただ時間だけがいたずらに流れていくひとも、いるのだろう。


それでも、ひとは歩く。
一直線だったり、まわり道をしてたり。あるいは迷い道をしたり。

時には、
「こんな無駄なことをした」
と思うようなできごともあるだろう。
 ……はたして、本当に「無駄」だったのだろうか?

ひとの歩く道。そのうちの、そこまでの道のりのなかには、「無駄なこと」は本当に、いらないものなのだろうか。


例えば、「駄弁る」という詠み方。
「要らぬおふざけ」
「友との休息」
 それらは、後に話す「笑い話」という「寄り道」ではないか?


その時、無駄と思っても、きっといずれは、「あんなことあったなあ」
と、不思議と笑いにできる。

ひとの「道」の終わりは、健康に生きれば、けっこうな長さだ。
若者の挫折も、「一生涯」絶望するには、だいぶエネルギーを使う。

まっすぐ前を歩くひと。
よろけながら歩くひと。
寄り道ばかりして歩くひと。
前がどこか分からず、歩くひと。
後ろを向きながら歩くひと。

 案外、「ひと」というのは、そう簡単には立ち止まれない生きもの、なのかもしれない。



終わり
 ちょっとの思いつきから。
なんでもなく、長々と失礼しました。ここまで読んでいただき、ありがとうございます。



いつもありがとうございます。押していただけるととても励みになります~

にほんブログ村 その他日記ブログへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

文化祭シーズンとうちの内

2015-10-23

Category :日々のこと

こんにちは。

ここ最近、友人たちからちょこちょこと、文化祭のお誘いを受けます。
なので、けっこう、前より遠くへ外出してます。

実は今日も、文化祭のお誘いで外出してます。

そして昨日は、月に1度の病院の日でした。
病院の時間の前後に、駅前のパルコやら、少し離れたところにあるイトーヨーカドーを見て。
母娘共に、心リフレッシュ!
…………帰ってくると、それはもう、兄がうるさいです。それが日常……。



その一方で。
この一週間、とうとう、兄が作業所に行かなくなりました。
彼も、「意識せず」の、自傷行為をします。
(私と似たような種の薬を服用中)
先週の金曜日には、コンクリートに後頭部を自分で打ちつけて…。
 兄の気持ち、わからないわけではないのですが……。

で、この一週間は。
「作業所行かないひとはおうちです」
ということで、兄の行きたい「お外」には出さず。
(もともと1人でできる子でもなくなったので)

今日の朝は、兄が
「食べに行きたい~!!」
と、発狂乱です。
たぶん、両親は私を兄から遠ざけたがるし、(爪を立てられるから)私もずっと家の中、というのも良くはないだろうし、と。外に出ました。お誘いもありましたし。
長男は、1人歩きだったり、同窓会もどきに出掛けたり。と。


…ほんとにもう。
今日は、まとまらない兄妹ですよねえ。
(兄たちはいつものこと)
申し訳ないついでに。
先に私は、母からの頼まれ物を買ったので。
あとは待ち合わせの後、学園祭に行って、帰宅します…。

さあ、どんな休日になることやら。



いつもありがとうございます。押していただけるととても励みになります~

にほんブログ村 その他日記ブログへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

「あたりまえ」だとは思わないこと

2015-12-06

Category :日々のこと

こんばんは。


最近、料理レシピサイト「クックパッド」をよく眺めては、自分でもできそうな、簡単なレシピを探してるところです。


…本題に入ります。
私たちには、日々のなかでいろんな「あたりまえ」があるでしょう。
多いのは、「奥さん(お母さん)が家で家事をすること」
「ご飯を作ってくれること」
とか。
今回はそのあたりから。


うちのなかでは、「家のなかのこと」はほぼすべて、母が請け負っています。
 「洗濯、料理」
特にこの二つは、男ら3人のうち、2人は、まっったくできないです。…それは仕方ない部分が多いのですが。
(父はけっこう、言葉は足りないです。あと長男と兄も、たぶんよくわかってない……)

最近、私は母を手伝い、洗濯や水回り(ごみ処理)といったあたりは、覚えました。
 でも、ちょっと。

…ふと、あるとき気づいたんです。
「なんで私は、料理は手伝わなかったんだろう」

 「なんで、『料理はお母さん』が『あたりまえ』になってたんだろう」

という感じで、クックパッドを眺めてます。笑
 よく考えると。
「お父さん」のおやすみ、子どもたちのおやすみはあっても。
「お母さん」のおやすみって……いつだろう?
うちの場合、でっかい赤ん坊みたいな脳の兄たちとか。仕事にかまけてて、仕事を退職してからではまだまだ家のことには初心者な旦那なので。母の疲労には、鈍感な男どもです…。


別に、「今すぐ料理したらいい」とかを言いたいのではないです。
人それぞれ、できる状態だったり、そうでなかったりしますし。

ただ、1つ。
「感謝」
を。言葉にするのを、してみては、いかがでしょうか。
「いつもありがとう」
「任せてばかりで悪いね」
とか。
 特に、大人になればなるほど、恥ずかしかったり、わざわざ言うも…とか、わかってるだろう、とか。
ありませんか?

…言葉って、偉大です。

「やってもらってあたりまえ」
そう思っていると、甘えっぱなしだと、後で痛い目みますよ? 
 …これについては、いろんなことに当てはまりますでしょうね。
 
あとは。
人間、「言葉にしないとわからないこと」
とか、不安になることとか、あると思うんです。

 みなさん、「言葉」を上手くお使いください、ね?

さて、明日は私も、1品料理をしてみます。…ああ、かなり久々に包丁を握るでしょう。
 …なにも吹っ飛ばさないと、いいなあ。(前科にリンゴの皮むき)
まあ、まあ。まずは、簡単なところから、ですよね…! 苦笑
 では。長くなりましたが、お付き合いいただき、ありがとうございました。


追記
いつもみなさん、閲覧、拍手、コメントなど、応援してくださり、ありがとうございます。感謝、感謝です…!
 これも、「あたりまえではないこと」として、これからも精進させていただきます。


いつもありがとうございます。押していただけるととても励みになります~

にほんブログ村 その他日記ブログへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

「日常」は尊い

2015-12-09

Category :日々のこと

こんにちは。

前の記事、「あたりまえ」だとは思わないことでは、偉そうな言い回しになってしまい、すみませんでした。

…でも、「一番」伝えたいことが、伝えられてないのです…。


 さてさて。
私たちの生きてる「いま」って、昔よりも、いろいろと便利になった、のでしょうね。
科学、医療…その他諸々。
それから、「家族がいること」、「平穏な日々」

その「便利さ」や、「家族がいる」ということに、知らず、意識せずに、私たちは「慣れて」。「平穏な日々」を、良くも悪くも「あたりまえの日常」としているひとも少なくないでしょう。

 その「あたりまえ」のなかに「生」と「死」が挟まれていますが。
せっかくの「生」を、自ら絶ったり、絶たれたり。なかには、生まれて間もなく亡くなるような命もあったり。家族が殺したり。
いつからか、「誰でもいいから殺したかった」なんて言って、見ず知らずのひとの生を絶つひともいたり。


言いたいのは。
「平穏な日常」は。その命は。
本当は、とても、とても「あたりまえ」なんかじゃない、「尊い」日々なのだと。

だからこそ、私たちは。この日常を。
笑って、泣いて。
怒ったり、困ったり、悲しんだり、喜んだり、と。
私たちは、いつまでも。どこまでも。
 「いま」を大切に、命を大切に。
ひとと寄り添いながら、長いようで儚い人生を、生きていくのです。


…以上。
伝えたいことが、今度こそ伝わってたら、と願います。
では。



いつもありがとうございます。押していただけるととても励みになります~

にほんブログ村 その他日記ブログへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

…聞いてるだけでも、いいのかなあ

2015-12-21

Category :日々のこと

おはようございます。
なんでだか、はやく目覚めました。


土曜に、前髪を切ってもらいに、兄妹で行きつけの、…えーっと、いつも「とこやさん」と呼んでいる、(たぶん)パーマ屋さん?に行ってきました。
 そちらは、私らがまだ赤ん坊のころに、兄が家から脱走してしまった先に、保護してくれていたお店でして。
そこは、兄らのように障がいのある子もお客になっているということで。
 少しずつ、すこーしずつ、はさみに慣らしていただいて。
いまは、顔そりまでやっていただいてたりと。
 そんな感じで、私も含め、うちの事情をよく理解してくださっているご夫婦。ありがたい限りです。


私の精神の病、,兄の8か月の入院、長男の気難しさ。

兄が「おむつ」になった状態で帰ってきて。介護な生活となり。でっかい赤ん坊のようにわめき騒ぎ。
そのうるささに、長男がものすごく不機嫌になり。
いろんな面で、疲れている母、父と、私。

 ぜんぶ、ほぼ悪循環にしかなっていないうちのなか。
おばさんと、こんなことを話しました。

「…そうなると。やっぱりいろいろ、あゆちゃんはどうしても「聞き役」になって、お母さんとかのはけ口みたいになるんだよね…」
「おばちゃんが心配なのはね。いろいろお母さんたちの愚痴とか聞くと、あゆちゃんがそれをため込んじゃって。潰れちゃわないか、って。それが心配かな」

 私が、それに対し。
「聞くだけで、あんまり力になれてないのが申し訳ないんです」
というと。
「それは。あゆちゃんだって、自分のことで精一杯なんだから、いいんだよ。…それにね。聞いてもらうことで、お母さんたちはきっと、気も楽になっているんだと思うよ? それでも十分、力になってると思うけどね」

 そんな内容を、さらっと話すと、母が
「そうなんだよねえ…。つい、言っちゃって、ごめんね。大丈夫?」
 と。


 …さすが、小さい頃から見てくれているだけありますね。苦笑

……ずっと。
「あまり役に立てなくて申し訳ない」という想いが強かったんですが。…やっぱりどうも、「申し訳ない」というのはあるんですが。
 うーん…。何といったらいいんでしょうか。私の「罪悪感」のようなのが、薄れたような?

とにかく、励ましていただきました。
 …ブログでも。
 拍手やコメントなど、ありがとうございます。応援してくれているような気がして、そちらもとても励みになっております♪


 …さて、今日はどんな「一品料理」をしましょうか。
それなりに、慣れてもきたんで。そのうち、いろいろアレンジというか。
レパートリーを増やしていきたいところです。笑




いつもありがとうございます。押していただけるととても励みになります~

にほんブログ村 その他日記ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 病気ブログへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

「見ていてくれるひとがいる」ということ

2016-01-20

Category :日々のこと

こんにちは。

先日、長男が務めている会社の、…サポート部? みたいなところの。兄がまだそこに務めていた頃から、いろいろとお世話になっている方と、その「立場」を引き継いでいる方とで、兄の様子を見に来てくださりまして。

じつは、前者の方は、「来る」とは聞いていなかったのですね。
でも、その方のほうが、こちらとの付き合いも長くて、兄が「家の外のひとがうちに入る」ことに対する、いわば「パニック」状態になるのをよく知っていらっしゃいまして。
今回も、「あー…。そろそろかなあ」なんて感じでしょうか。様子を見て、発狂乱になる前に、お帰りになりました。
 引き継いだ方は、そういうあたり、信頼関係としては、「まだまだこれから」なのでしょうね。


 今回、前の担当の方が一緒にいらっしゃったのは、じつは私のことが話せたら…と、来てくださったらしいです。
実際は、兄がそれを待てるような状態でなかったので。
 私は、自室にいました。
その時によって、私がいることで兄の機嫌が、「良いほう」にも転がれば、「悪いほう」にもなることがあるので。苦笑


私は、この先が何にも決まってません。
そんな状態だから、と、時間に追われて。
 なかなか高校の担任とも話せず…と。

まあ、私が「悪夢」の件からはじまり、ちょっと不安定が続くのもありますが。苦
 けれど。
仕事を考えるにも。
就労支援事務所なんかを見るにも。
デイケアに行くとしても。

「あゆむさんが嫌でなければ」、一緒に見に行きますよ、とのことです。
 それも本当の目的で行っても、けっきょく会えず…。ということですね。申し訳ないです。
お帰りのときだけでも、1階へ降りて、せめてあいさつしたらよかったなあ、と。ちょいと後悔。


 私の周り。
前に、高校の先生方も、「なにか気になることでもあれば、できる限りサポートしますよ~」
と言ってくださったり。
兄の。前にお風呂の介助をしていただいたヘルパーさんと。ちょっとしたご縁というか。
「その話なら、なにか力になれると思います!」
とかもありまして。
そして今回のお話。

それから、精神面でも。友人たちの。
こちらが聞くほうが、最近は多いですが、私の不安定なとき、いろいろと心配してくれて、話を聞いてくれて。

 いろいろな方々が、さまざまな方向に。
気にかけてくださっている、ということ。

 …ただただ単純に。
「うれしいなぁ」と思うのと。
「ありがたいな」という気持ち。(ちょっと申し訳ないとも思うが)
そういう、「恵まれた環境にいるな」ということ。

逆に
「やってもらってあたりまえ」とは思わないことも。

そういう心持ちを、これからも大切にしていかないとなぁ、と思った、今日この頃です。

では、また。


いつもありがとうございます。押していただけるととても励みになります~

にほんブログ村 その他日記ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 病気ブログへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

成人

2016-01-29

Category :日々のこと

どうも。

先日、やっと母の実家へ行けました。
(長男は仕事、兄は家に)

というのも。
お正月に行けなかったのもそうなんですが。それよりも祖母が。

「あゆむちゃんの成人のお祝いを言いたい」

と、よく母に話すらしく。
こちらとしても。
祖母が人間ドックで、再検査の項目があったり。
祖父は、怪我をした指を、なぜやら
「自然にはくっつきませんよ」と、
若いお兄さんに「肉まで」縫われてしまった、とか。
(抜糸は済んだ)
「えぇ~!?」ですよ。母から聞く私も心配になりますが。
そういうのは。あたりまえですが、「娘」である母が一番、誰よりも気になって気になって、仕方ないでしょう。

私も、あんまり「元気」でないので、なかなか気軽には電車でも行けずです。申し訳ないことに。


……で。
「渡すお米が、買ってから一ヶ月経ってしまう…!」
というのがきっかけで、なんとか行けました。笑

祖父母は前、「いつ死んでもいい」とか。
「長男と兄ちゃんを祝って。あゆむちゃんの成人まで生きていられるかなあ」
 そんな事を言っていた時もありましたが。
いまは、私の成人の「写真」を見たいとのこと。

そう言われてしまうと、「別に撮らなくてもいいよ」という気持ちもぐらつきますよね。

何より、そうして求めてくれるのは、単純にうれしい……ので。でも。
「いまは縮めてるところだから、もうちょっと痩せたら、撮るよ」
 (だから、二人も元気でいて)


こちらが帰宅して、感謝の電話をしたところ。
祖母が。
「あゆむちゃんも、元気になってね? おばあちゃんも、頑張るから」

…気持ちが伝わってたのなら、いいな。

…まあ。嬉しい半分、無茶をしないかという心配半分、ですね。けっこう、頑張り過ぎるところがあるので。

けっこう一時期、ビッグになってしまった私なので、さて。
もう少し、痩せないと…! と、自分に気合いを入れます。


そして、高齢の二人が元気なうちに写真を撮って。
そうしたら、きっと。七五三の写真のように、末長く実家で飾っていただくのでしょうね~…というのを、目指します。
(4~6年?くらいは飾られてた)


ではでは。


いつもありがとうございます。押していただけるととても励みになります~

にほんブログ村 その他日記ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 病気ブログへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

薬って恐い…

2016-02-08

Category :日々のこと

こんにちは。

少しずつ、着々と。
体重の減っていくわたし。

少しずつ? 着々と。
体重が増えていく兄…。


私の発端は。
「悪かった」ころから、精神の薬である
「ジプレキサ」という薬を飲み始めたあたりから。

後に、兄の昔からの主治医から教えていただいたのですが。
「ジプレキサ」って、太りやすくなる作用があるんですね…。

私の場合は。
過食、でしょうか…。
夜にお菓子をよく食べていたような。
その頃は。
「見えると」
「匂いがすると」
「あると思うと」

暴飲暴食、だったんでしょうね。
その末、落ち着いた頃には。
自分の元の体重分くらい、増えてしまいましたねえ…。

そんな日の後、「食」が落ち着いた「いま」では。
間食はほどほどに。食べても夜8時からは何も食べない、とか。

今では、寝るころにはもう。
たとえ手の届くところに食べ物があっても。
ちゃんと「理性」が働き、「明日にしよう」と、思えるくらいには、落ち着きました。


…で。
いまは兄の「食」、というか生活が、一苦労。
大きくなったお腹のせいで、
足元が見えない。満足にしゃがめない。歩きたがらない。
…と。

「ジプレキサ」という薬。けっこう癖が強い、というのか。
 現在、私も兄も、服用してますが。

私でも自制が難しかったのに。
兄のように、自制するのが困難なひとに与えたら。
本人はもちろん。代わりに制御する側からしても。

 その苦労は、なかなかです。


でも。
兄が昔から服用している、発作を抑える「テグレトール」というのを処方してくださっている昔からの主治医からは、気になる言葉が。
「強い薬で抑えようとして、その反動で暴走しちゃうのかな…?」

 人間、同じ「薬」でも。
「効きづらい」、「効きすぎる」
があるのでしょうが。

その主治医いわく。ぼそりと。
「兄ちゃんみたいな子は、普通よりも薬が効きすぎる」
なんてようなことをおっしゃってました。

ただ。そういう話を、「ジプレキサ」などのほうを処方してくれているほうに
「ちゃんと伝わっているのか」は、……謎です。
(私はそのほうの主治医とは会っていない)

あと。まあ。
兄の「遅い反抗期」から始まったこれは、決して「薬」だけで治るものではない、のだろうとは思っています。実際、そんな話も聞きました。

けっこう、似たようなことで悩んだご家族さまも多いらしいですね。
問題は、わりと山積みなんですが。

まあ、なるようにしか、ならないのかもしれませんね…。苦笑


…ついでに。ずっとタイミングがなく。貰いそびれていた、高校の「卒業証書」は。
「3月をお楽しみに~♪」
なんだとか。笑




いつもありがとうございます。押していただけるととても励みになります~

にほんブログ村 その他日記ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 病気ブログへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

つらくて、苦しくて…それでも

2016-05-05

Category :日々のこと

どうも。


兄妹でお世話になっている、美容室のおばさんから、こんなお話をいただきました。

「あゆむちゃんたちみたいに、生きているのもすごく苦しかったり、社会では生きづらい思いをしてるひとたちが。
それでも、一生懸命頑張っているひとたちが、もっと増えたら、もっと評価されたら、いいなと思う」

…要約するとこんなニュアンスでしたね。

おばさんのお子さんも、持病があって。
それに悩まされていて、それでも。
なんとか、働いているそうで。


 そのおばさんと、おじさんは。
兄たちみたいな、障がいを抱えてたりだとか、刃物が苦手な方を、ゆっくり少しずつ、慣らしていたりしている方々で。

 兄が小さいとき、ちょっと目を離したらいなくなってしまったのを、保護してくださったところからのお付き合いです。
兄たちも、「ゆっくり少しずつ」バリカンに慣らしていただいたクチです。笑


いろんな方をお客にしている方なので、想うことは、いろいろあるご様子で。
本人もおっしゃっていましたが。

 「頑張って」が言えないようなひともいるし、もう頑張っているひとには、追い討ちをかけるようなものかもしれないけれど。
 それでも。もっとそういう方々が、社会にでられたら、もっとうまく生きれたら……と。
 そういう応援は、ありがたいですね。
(上手く、この矛盾が伝わっているかしら)



ではでは、また。



いつもありがとうございます ~一つでも押していただけるととても励みになります~

にほんブログ村 家族ブログ 家庭・家族へ
にほんブログ村
にほんブログ村 病気ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 統合失調症へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

センター体験期間と、いろいろと

2016-05-12

Category :日々のこと

こんにちは。


タイトルの通り、体験は2回目で、あとは来週です。
今週は午前中だけ。まずは雰囲気を掴む感じですね。

まだ、決まってはないですが。
うるさ過ぎず、静か過ぎず、という印象ですね。そして優しい。

バスで行くので、こうして時間が開きます。

初日、時間やらを勘違いした日には。
「初めてバスに乗るの」というおばあさんから、バス停を聞かれ
(道を聞かれるのは久々)
 途中までお話したのも、また一興、ですかね。
 

その一方で。
祖父が階段から落ちて、軽く脳しんとうをおこしたらしいです。
 すごく驚き、心配になり。
初めてなくらいに、私から電話をかけました。

「お願いだから、自転車に乗らないで。しょっぱいものはあんまり食べないで」
と。
祖母から伝えるよう、お願いしました。
(祖父は電話には出ないので)


…また、近々。
今度はお米を持って、いくとかなんとか。
その時こそ、ちゃんと直接言わなければ。
娘からより、孫からの言葉の方が、効き目があるかも、らしいので。


いつもありがとうございます ~一つでも押していただけるととても励みになります~

にほんブログ村 家族ブログ 家庭・家族へ
にほんブログ村
にほんブログ村 病気ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 統合失調症へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

祖父、倒れてから約一ヶ月後の経過と

2016-06-13

Category :日々のこと

こんにちは。

昨日、祖父母の家に、家族全員で会いに行ってきました。
本人が
「心配かけてしまったから、元気になった姿を見せたい」
ということで、家族五人で、行ってきました。


 いつもは、家族と祖母との話に入っていたんですが。
今回、祖父はテレビや新聞を見てるでもなかったので、思い切って、話しかけてみました。
 
 そろそろエアコンがボロだから、今度息子(母の弟)の車で、見に行くんだとか。
 兄が何故やら、ずいぶんと日焼けしているなあ、とか。

入院してた時(今は通院)の話も、少々。
看護師さんが、私の歳ぐらいの、研修生が多かったようで。
注射が痛かった、とか。
あとは、その人たちが。
 ものすごーく、
寝たきりだとか、認知症患者相手のような。
 「マニュアル通り」や「ロボットのよう」だった、らしいです。

食事を
「こんなに多くなくていい」や「あまり固いと食べれない」
というと。
「お粥」みたいに、やわらかーく、ふやけたような状態ででてきたりして。

何がなにやら、病院にいたのに。
見た目がガリガリに、栄養失調気味に帰ってきたような感じに…。

…一週間ほどして、今は元気そうに見えました。
 …と。こんなに祖父と一体一で話をしたのは、初めてか、久しぶりですね。
(ちょこちょこ孫相手に、敬語がでてくる祖父です)笑


……母から、
「覚悟はしておくように」
言われているので、その分は。
また、こうしていろいろ話をできたら、いいなと。

 植物を相手に仕事をしていたので、仕事を辞めたら、庭で家庭菜園をしています祖父から。
「じゃがいもを植えたいから、ここの大根をもっていったらいい」
ということで、大根(今年は辛い)をいただいてきました。たくさんです。笑


あ、あと。
私の「お試し体験」は、明日本登録の手続きを、…するの、かな? たぶん。
 そんな感じですね、いまは。
では、また。


いつもありがとうございます ~一つでも押していただけるととても励みになります~

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
にほんブログ村 病気ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 統合失調症へ
にほんブログ村
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 自閉症へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

一段落したら

2016-08-03

Category :日々のこと

今日、両親と3人で、祖母のところに会いに行ってきました。

おじさん(母の弟)は、最近はまた、帰りが遅めになってきてるらしく。

一人で家にいる祖母は、なんともいえない不安感があるようです。
そりゃ、そうですよね。
今までは、祖父がいましたから。

…今日は、誕生日祝いと感謝として。
ネットの口コミが良さそうだった、とある膝のサポーターを、2つ。
 プレゼントしてきました。


それから。
四十九日が終わり、ひと段落したころ(つまり母が忙しいときなど)にでも、私ひとりで祖母のところに行く、という話を。
母が電話で話したら。
祖母からは、私の予想をはるかに超える回答が。

 「なら、一緒にお料理をしたい」


……うれしいことです。すごく意外ですが。
あ、なら。
厚焼き玉子、作りたいですね。
うちには、四角のフライパンがないので、作らないのですよ。
 泊まりに行っていたころなんかは、よく作っていただいてました。
ほんのり甘いの、好きなんです…♥

そのころになったら、またお話してみます。
母から
「おばあちゃんの生き甲斐、つくってあげてちょうだい」
 とも、言われたりもしました。笑
そうできれば、いいですね。

では、また。

いつもありがとうございます ~一つでも押していただけるととても励みになります~

にほんブログ村 病気ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 統合失調症へ
にほんブログ村
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 自閉症へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

褒め言葉のなかの「個性」

2016-08-12

Category :日々のこと

…私はよく、
「ひとをよく見てるよね」
等のことを、褒め言葉として言われます。
でも、ちょっと素直に喜ぶことができなかったのですよ。
 何故かというと。
そう言ってくれる、私の周りのひとも、よくひとを見てるんです。

 とあるひとは、高校の後輩から
「ナチュラルに心理学を学んでる」
とか、言われてたことがあったり。

私、簡単に言うと、褒め言葉を、あんまり素直に受け取っていなかったんですね。

「あのひとのほうが、私よりも立ち回りとか上手い」
だから、私はまだまだだ。とか。

 でも、少し前に分かった気がします。
そういうことでは、ないのかもしれない、と。


とある日、センターのスタッフさんと、何でもないことを話しながらの作業。
「動物を飼っているか」という話で、長男が昔、犬に追いかけられたらしい、とか。
 あとは、長男が、父を苦手に思っている理由を、私なりの解釈で話してみたり。

ふと、
「月凪さんって、観察力ありますよね」
と、言われて、
なぜ? と聞くと。
「説明が、すごくわかりやすい」
とのこと。
目に浮かぶようだ、と褒められました。
 「相手をよく見てる」とは、よく使われた言葉なんですが。
…あれ、そういえば。
高校の同級生のとあるひとの、人伝で知った私の評価が。
 「思ったことを一気に話して、こんがらがった内容になっても、ちゃんとまとめてくれる」
というようなことを聞きましたね。
 …だってあのひと、整理しないと何を言いたいのかわからず「???」ってなって終わってしまうんですもの。


そんな、ちょっとしたことで、気づいたんです。
 「ひとをよく見てる」
というのもある意味、そのひとの「個性」というものなのではないか、と。
 私の場合、スタッフさんの言葉を借りるなら。
 「何が、どうして、こうなって、ああなった」
という、「順序だった行い、物事の説明」が得意、なのかな、と。

そして、私の周りの方々は。
「相手を丸めこむのが上手い」とか。
「相手の考えを理解するのが早い」だとか。
「立ち回りが上手い」のも、ですね。

「長所、短所」ってのも、「個性」の一つ、なのかな、と。
どこまでを出して、どこまでを抑えるか。

そして、言葉の意味の違い。
例えば「優しい」
 手助けをしてくれる、とか。
 相手に寄り添うことができる、とか。
 困っているひとを見ると、放っておけない、とか。
 …意味、というよりは「ニュアンス」かもしれませんね。
「同じだろう」と言われても、仕方ないかも知れませんが。
 ですが。
友達の話を聞くのと、見ず知らずのひとを気遣うのって、ちょっと「同じ」とは言えませんよね…?


長所は伸ばして、短所はコントロールして。
伝えたいことが、ちゃんと伝わってくれますように。
ではでは。


いつもありがとうございます ~一つでも押していただけるととても励みになります~

にほんブログ村 病気ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 統合失調症へ
にほんブログ村
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 自閉症へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

おじいちゃんの遺したもの、2

2016-08-17

Category :日々のこと

こんにちは。

このまえ、祖父母の家から、こんなものをいただいてきました。



祖父は、小学校しか、卒業していません。
ということもあり、様々なことを「独学」で覚えてきたひとです。
もちろん、難しい漢字も、自分で学んだのでしょう。

こんなものが、あります。

じつはこれ、祖父が書いたものです。
驚きでしょう?
 ちなみに、独学でお経も唱えることができたらしく。
祖母が先に逝ったら、お経を唱えてやろうか、とまで言っていたらしいです。

その日は、母と電車で行って、
父のまえでは話したくない話なんかも、お話してきました。
「3人で」は、かなり久々でした。笑


貰った書物には、あまり知られていない言葉(ことわざ?)や、昔の偉人の名言など、
「ちょっと変わった辞書」のような感じだったりですとか。
漢字の「崩し方」の…これも、「変わった辞書」みたいな印象です。

 これから、仕事のときに使うバスの、待ち時間や、お昼の休憩中ですとか。
本当の「辞書」よりは分厚くないので。
時々、持ち歩いてみます。

祖母も。
「あゆむちゃんが使ってくれるなら、おじいちゃんも喜ぶよ」
と、快く渡してくれました。

ではでは。


いつもありがとうございます ~一つでも押していただけるととても励みになります~

にほんブログ村 病気ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 統合失調症へ
にほんブログ村
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 自閉症へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ



最初に覚えた言葉の、クイズです。よければお答えくださると、嬉しいです。

 「青は藍よりい出でて藍よりも青し」
これは、「アイグサ」という植物と、染料についての関係からの言葉。
さて、どのような意味でしょう?

「障がいなどを持つひとも、教壇に立つことが当たり前な、世界になれば」

2016-08-28

Category :日々のこと

タイトルの言葉は、「世界一受けたい授業」に出演された、新井淑則先生の言葉(うろ覚え)です。
24時間テレビでのドラマの「盲目のヨシノリ先生」の、ご本人ですね。


現在も教壇に立っているという彼は、言いました。
自分のような事例が、「すごいこと」ではなく「当たり前」になって。
 今のように、大きく取り上げられることがないような。
そんな、世の中になればいい、と。


それを聞いて、思ったんです。
「統合失調症」という病気。
「手が震える」、「気持ちに波がある」
 などの事実から、逃げることはないのだと。

私でも、少しくらい大きな目標を持っても、いいんだと。


あとは、祖父の独学からも。
様々な勇気をいただき、まずは、「知る」ことから始めてみることにしました。
一週間くらい前から、自己カウンセリングな本と、教科書並みに分厚い「心理学」について詳しく書かれた本。
カウンセリングな本を読み終え、心理学の本は、一日一日で、コツコツ地道に読み進めているところです。


あとは。
祖母のところに、母とふたりで会いに行ったり。
母と、何でもない話をしたり、父への愚痴を聞いたり、ですとか。

そんなふうに、休日を過ごしています。


なかなか更新が遅くて、すみません。
ではでは。



いつもありがとうございます ~一つでも押していただけるととても励みになります~

にほんブログ村 病気ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 統合失調症へ
にほんブログ村
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 自閉症へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

近況報告

2016-09-21

Category :日々のこと

おはようございます。

久々に、近況報告してみます。


すっかり、センターにも馴染んできた私は、週3回が平均ですが、「いつものメンバー」に入ることができました。

ちょっと、特注の仕事をして、お金が貰えたらしく。
今度、「いつものメンバー」で外食する企画が決まりました。
(うなぎ屋さんに)

私の行くセンターは、「みんな仲良く」というのが、おおきなテーマ?ポリシー?
というところなので、トラブルになりそうな種は、早めに摘んでるのです。
(基本的には、皆さん温厚なのですが)

利用者さんは、少々の身体だったり、知的だったり、精神だったりと。
なにかしら、突っ突くと弱い部分がある方々が大半です。

最近は、週1度くらいに、午後まで残って。
スタッフさんたちの、
「あの方はここが弱い」
「あの方はこういう考えがある気がする」
「彼女と彼女は、こうだから、相性が悪い」
と、本人たちが帰ったあとにしている、……談話? でしょうか。
たまに、私も
「あの方は、こんな部分があるような」
とか、言ってみたりと。
 それも、「いろんな見解」として、楽しんでたりします。

長男は、良くも悪くも、相変わらずです。
家で、夜中に扉に八つ当たりが、多いです。
一昨日は。
休日出勤から帰ってきたときに、母が
「おかえり」
と言うと、なんとも嫌そうな顔になったらしいです。
 …どんどん、顔つきは父に似ていってますね。苦笑
 ……難しいですね。


すっかり「介護」状態になってしまった兄は、籍の入っている作業所の方から、
「ヘルパーを入れてみては」
と言われているようですが、……正直、難しい気がきます。
前の作業所のときに利用させていただいていたヘルパーさんからは
「今の様子は、お父さんが動かないと難しいんでは…」と。
 いまは兄からすると。
「お父さんは、ボクのいうこときいてくれる」という感じなんですね。
 ちょっと? 騒ぐと、「分かったよ!行けばいいんでしょ」と、
動いているのは、なんだか舐められるのも、仕方ないのかなぁ…。
 そこは、どうなることやら。


とりあえず、こんな感じですね。
更新の頻度が少なくなってしまっていて、すみません。
訪問、拍手、コメント等、いつもありがとうございます。毎日の励みの一つに
させていただいてます。

では、また。

いつもありがとうございます ~一つでも押していただけるととても励みになります~

にほんブログ村 病気ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 統合失調症へ
にほんブログ村
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 自閉症へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

誰かと一緒のご飯はおいしい

2016-12-04

Category :日々のこと

訪問ありがとうございます。

木曜日に、母の実家へ行ってきました。
当初は、仕事帰りに…と言うも、母から止められました。
「あなたにはまだ無理だよ」
と。
金曜日は病院なので、それもありますが。


祖父が亡くなってから、はや5ヶ月経ちますが。
最近はなかなか会いに行けなかったのです。

いま祖母は、ひとりの時間が多いので。
「ひとりでのご飯は味気ない」
「泥棒でもくるんじゃないかと、怖い」
 と、不安も多いようで。

こちらからしても、つまづいて転んでないかとか、変なもの食べて、喉に詰まらせてないか、とか。

母から預かった品物と、駅でケーキを二人分買って。
行ってきました、おばあちゃんに会いに。


うちの、お父さんが…、兄たちが…。
それでお母さんが…。

と、家での話やら、母の子ども時代。
祖母の姉妹の話。祖父の因縁の話。
チラッと、戦争の。東京大空襲の話。


最後に、祖母は言いました。
「いつもひとりで食べてると、なんか味気ないけど。一緒に食べたら、いつもより美味しく感じるよ」
 実際、少食な祖母にしては、けっこう食べてましたね。

「泊まりにおいで、と言いたいところだけど。お母さんがまだ無理だって言うからね」
「ほんとに、なんにも持たなくていいから、またおいで」

今度は、できれぱ母と3人で話せると、母も安心できるんじゃないかな。
ちょっと今は、難しいけど。
ではでは。また。


いつもありがとうございます ~一つでも押していただけるととても励みになります~

にほんブログ村 病気ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 統合失調症へ
にほんブログ村
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 自閉症へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

たぶん、なごりみたいなもの

2016-12-26

Category :日々のこと

毎度、ご無沙汰ですみません。
訪問ありがとうございます。



センターを休んだ日や、休日に。
だいたい、両親と私とで、近くのスーパーまで買い物にいくと。

玄関で、兄が
「おかえりなさい!」 「ぼくが持つよ!」

と、元気よーく荷物を冷蔵庫のところまで運んでくれるんですね。
で。
私がいないときでも、そんな感じなのだろう、と思ってたら。

母 「え? そんなことないよ。あゆむのいる時のほうが、何も言わなくてもやってくれるよ」
 …と。

ほかにも、というのか。
十何年も前、兄がよく動いてくれてた頃に
「これやって?」
と、指示をだすのは、何故か私の役目のようでして。
(大掃除の窓拭きやら、テーブル拭きだとか)


そこまで考えて、
「ああ、そうか」 と。

こどもの頃の「なごり」か、と。
よく、こうも言ってました。

「お母さんもお父さんも、兄に甘いよ!」
 それは、ヤキモチからだったのかもしれない。でも、今考えると、それもよかったことなのかな、と。

…ああ、あとは「慣れ」もあるのかな。小さいころからの。
 兄を動かすには、こんな言い方のこんなトーンが、面白がって、動いてくれるかも。

こどものころの「記憶」って、思い出せなくても、案外、身体に染み付いてたりもするのでしょうかしら。


なにを言いたかったのか、自分でも謎です。すみません。苦笑
では、良いお年を。


いつもありがとうございます ~一つでも押していただけるととても励みになります~

にほんブログ村 病気ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 統合失調症へ
にほんブログ村
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 自閉症へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

年明け始めの

2017-01-11

Category :日々のこと

訪問ありがとうございます。

すっかり、年も明けちゃいましたね…。ご無沙汰で本当にすみません。

 昨年も、さまざまなジャンルのブログに訪問させていただきました。いろいろと勉強になります。
こちらへも、幅広いテーマのブログを運営している方々が、いらしてくださり、大変感謝しております。

だいぶ、スローペースなブログですが、今年もどうか、よろしくお願い致します。


いつもありがとうございます ~一つでも押していただけるととても励みになります~

にほんブログ村 病気ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 統合失調症へ
にほんブログ村
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 自閉症へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

(周りが)落ち着かない

2017-03-10

Category :日々のこと

ご無沙汰です。
いつもありがとうございます…!
そしてスローですみません。



今週、特に今日は、周りがちょっと、いやけっこう。
不安定ぎみです。
始めの日、高校の友人からの、唐突なお茶のお誘いに
「なにかあったな…?」
とは思いつつ、乗ったところ。会ってみて、私の想像の「なにか」どころではない、だいぶショッキングなお話が飛び出て。

部外者である私からは、
「なら、いつでも愚痴っていいからね?」
と、お話ウェルカムを言うくらいしかできなかったのですが。
 とりあえず、会って話せて良かったよね、とお互いに。私のほうもちょこちょこ話して。


センターでは。
 私と同じ病名の、比較的歳の近い女性がいるんですが。
この頃調子が悪いようななかで、今日もきて。
ちょっとしたパニックみたいな状態になってしまったり。
本人曰く薬の副作用で。落ち着かないときは手足がバタバタしてしまうんですが。今日はそれが強くてひどく辛そうで、
落ち着かせてたときに、

私「落ち着いて、深呼吸。誰もなにも悪いこと言ってないよ」
相手「うん……」
「大丈夫、大丈夫だから」
相手「うん…」
「こうなっちゃうと、つらいよね、痛いね」
相手「うん…、だいじょうぶ……、足痛い…」
と、ボソッと聞こえて。
 そうだよね、すごいバンバンしちゃってるものね
背中ポンポンしながら、ぎゅうっと抱きしめてたら、少しよくなり。そのまま帰っていきました。



あとは、よく低血糖で苦しんでいる方もいたり。
聞いていると。外を1人で出歩くと、かなりの確率で低血糖で救急車を呼ばれることがあるとか。
 ↑センターでも、本人の自覚がないぶん、基本はスタッフがそばで見ている必要もあり


どの方も。
あんまりに、「ほかと違う」特別扱いは、嬉しくないようで。
でも。
まったく誰も気にしないと、いつの間にやら、幅広い意味でことが悪い方へ悪いほうへと向かって行きがちで。

たぶん、「あなただけを特別扱いはしてないけど、ちゃんと見ているんですからね?」
という感じがいいんでしょうかね。特にセンターの方々。

もちろん、人によりますが。
以上、体験談でした。

ではまた。



いつもありがとうございます ~一つでも押していただけるととても励みになります~

にほんブログ村 病気ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 統合失調症へ
にほんブログ村
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 自閉症へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

言葉の捉え方

2017-04-07

Category :日々のこと

毎度、ご無沙汰です。すみません。
ご訪問ありがとうございます…!


私たちヒトは、それぞれ違う感性を持っていますよね。
そして、なかには言葉を深読みし過ぎて、調子を崩すような方も少なくないでしょう。


「大丈夫?」

と、声をかけられると。
「心配されている」、という捉え方が大抵なのかもしれませんが。

(これが「大丈夫」に見える!?)
なんて、場面によってはちょっとカッとなるような方もいれば。

(あ、いまの自分は「大丈夫」に見えないんだ…)
と、逆に落ち込むような方もいたりするのですよ、なかには。


センターで
「具合悪いのに、無理してまでこなくてもいいのよ?」
なんて、スタッフが言うと。
言葉をいい意味に受け取っていいものを。
「それって、来ちゃいけないってことなの?」
なんて、深読みする方がいたりだったり。あとは
(自分が来たいんだから、いいじゃないか!)
なんて、少しの気力だけで、やっぱり無理をしてしまう方も、いるようです。

センターにも、いろいろな方がいらっしゃるので、「言葉」にはよくよく気をつけているつもりなのですが。

自分で、「大丈夫じゃない」判断がある程度できる方には、あんまりむやみやたらと聞かないようにしてたりします。
「気にされてる」ということも、負担に思う方もいますので。

あ、でも。
センターの方々は、わりと「言葉よりも行動」のほうが効く方もいて。
(相手はすべて年上の同性)

なんにも言わず、ただ手を握るだけで安心?する方。

「いい子ね」
と、ポンポンと頭を撫でたり、背中に手を回すと落ち着く方。

あと。すぅっと背中に立って、真ん中をつっーっとなぞるくすぐりの反応で
「あ、いまは元気ありますね」
 なんて、自分のなかで思う方も。笑
だって、具合悪い時って、なにされてもあんまり自然な笑顔にはならない気がして。


私なりにですが。こんなことをしてるのは。
やっぱり、私は根っからの「世話焼き」なのでしょうね。笑

…自分の話ばかりで、すみません。これも「体験談」だと思っていただけると助かります。苦笑


いつもありがとうございます ~一つでも押していただけるととても励みになります~

にほんブログ村 病気ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 統合失調症へ
にほんブログ村
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 自閉症へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

育ち方と環境と、現場

2017-06-17

Category :日々のこと

ご無沙汰してます。



ふと、思ったことがあります。
私は、どちらかというと
「幸せな」思考なんだと。


「きょうだい児」(障がいをもつ兄弟姉妹がいるひと)
について、いろいろとサイトや掲示板、知恵袋なんかを見てみると。

わりと、考え方が二つに、ざっくりと別れるんですね。

--ひとつ。
...あいつがいるから、自分は愛されてないんだ
...障がいをもつあいつが、嫌いで、うざったい
...こんな家に、産まれたくなかった
障がいを持っているからって、可哀想なんては思えない、偽善的だ。


基本的に、ネガティブで、どこかにきょうだいへのなんとも言えない、複雑な心境と戦っている方々

--ひとつ。
...あいつかいることで、いろんなことを日々学んでいる
...あいつを見ているうちに、面倒見がよく育った気がする
...いつも賑やかな家庭だ
...あいつが笑うと、なんとなくほっこりする
...この家に産まれて、よかった


ポジティブで、いつも家族の、ひとのためを考えるひと。


私は、このふたつの中間にあります。

それこそ生まれたころから、よく兄たちの授業参観やら、運動会、そして文化祭に顔を出していた時期もあります。
いまでも、兄の薬(てんかん止め)を貰うのにやら、血液検査だとか、毎回ではないですが、付いていくこともあります。

そこで見るんです。聞くんです。
たくさんの、杖をつく音、車椅子のキュッキュとした音、寝たきりの方のベッドの軋み。
赤ちゃんの悲鳴、野太い唸り声、時にはパニックのひとが、隔離室へ流れていくときの、重い扉。


そういうのを、目の当たりにすると、なんとなーく、思うんです。

「どれだけの人間が、この現場を知っているのかな」と。
どれだけの健常者が、ハンデを持つ彼らの悲鳴を、唸りを。
本当に「理解しようと」思えているのか。




...それって、ほとんどは。
子供のころに植え付けられる記憶や、噂話を聞いての、「先入観」とかなのかな、と。

私に関しては。
当人がいるのと、そのお友達のことも聞いたりするから。
「あの人は、変だ」
とかもそこまで思わなければ。
「あの人は障がい者なんだ、だから優しくしないといけない」
とも、なにか違ってました。だって、「だから」って、なんで? 「ひとに優しく」とは違うの?


こうも思います。
「障がいを持っているからっていって、どうして兄たちがそこまで目立つの?」
特に、子どものころはそんな風に思うこともありました。苦笑
でも、きょうだいへの複雑な気持ちと、毎日のように独りで格闘してもいます。今もあります。苦笑



「みんな平等」が、物理的に難しいのはわかってる。けど、だからといって、

何でもかんでも、「やってあげる」ことばかりが優しさとは、思わない。
「自分でできるようにすること」にも、ちゃんと意味はあります。

それを、わたし達は、知って、ちゃんと自分の頭で、考えなきゃいけないんじゃ
ないのかな、と。




いつもありがとうございます ~一つでも押していただけるととても励みになります~

にほんブログ村 病気ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 統合失調症へ
にほんブログ村
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 自閉症へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

いま、できることを

2017-07-20

Category :日々のこと

ふとしたときの、母とのやりとりで。


私「いつも、ごめんね。ありがとう。
私、小さい頃からよく兄たちに嫉妬したり、ケンカしたり、怒ったときとか、ちょっと思ったことはないとはいえないけど。でもね。
二人がいなかったらいいとか、この家が嫌だとか。そういうこと、ほんとに本気で、思ったことはないから」

なんとなく、感謝を伝えたくなったのと、隣の部屋の長男にも宛てたつもりで、そんなことを話してみたところ。

母から。
「...じゃあ、お母さんも言うけど。
何度もなんども、「こんな家独りで出てってやろうか」とか。
兄たちを「産まなきゃよかった」とか「一緒に死のう」とか、言ってたことも、あるけど。
本当の本心で、そう言っているわけじゃないよ。
どんなに手がかかっても、やっぱりみんな、お母さんの大事な子どもだから」


ものすごく、驚きました。
ずっと、いろんなことを、後悔してるのかなと、思ってきたもので。


それから。
小さい頃は、兄弟二人とも障がいをもつ家庭って、なんとなく珍しいかと、思ってましたけどね。

たぶん、どちらかというと、「逆」なんだなと、思います。
...だからこそ。
「母親に原因があって、障がい児が産まれる」という説が、あってしまうのかな、とか。
障がいにもより、「絶対そうだ」とも「そんなことあるわけない」の、どちらとも、私には言いきれませんが。

どうしてその説では「母親」だけの責任にされてしまうんだろう。
お母さんだって、いや。
お母さんだからこそ、いろんなことに不安な気持ちになるのでしょう?
どうして、周りはその「不安」に寄り添ってくれないものなんだろう。
少なくとも、うちの母と父、その義母はそんな関係でした。

ずっと、ずーっと、可笑しいと思っていたことがあります。
なんで、「夫婦」なのに、「家族」なのに。
「母親」へ、全責任を押し付けてくるのか。この家の人間は。

...だったら、できたなら。
私は最初に産まれたかった。
そうしたら。
たとえ、どんなに無知で、小さな存在でも。「盾」にはなれなくても。
そばで、一緒に泣いたり。手を握ったり。
「私がいるよ」
って、もっとはやく、言えたかもしれないのに。


...さてさて。
こればっかりは、どうしようもないわけで。苦笑
私は「いま」自分にできることを、後悔のないように、やらないと。



いつもありがとうございます ~一つでも押していただけるととても励みになります~

にほんブログ村 病気ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 統合失調症へ
にほんブログ村
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 自閉症へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

忙しくても「誕生日」は欠かしたくない

2018-11-24

Category :日々のこと

こんにちは。

最近は、高校の友人ともあまり会う機会が少なくなってきている今日この頃。
LINEですら、それほど頻繁にやり取りはしていません。

あまり遅くまで外にいると、家族に心配やら迷惑やらをかけてしまうようなのと。個人的にも夜は家でまったりしたいという気持ちがありまして。

あとは。薬がある分、アルコールは出来るだけ避けるようにとのことですから。飲み会もそこまで積極的にはならないです。



昼は昼で。
今のところは、センターにいくのも楽しみの一つです。
それに年末は、この時期限定の仕事も入るので、ちょっと?それなりに?けっこう?慌ただしいんですよ。
↑ちゃんと納期までにやり終えるのを目標に
(でもうちのセンターは一応、作業メインではない)

「作業」は、それぞれ個人に出来る部分をやるのですが。私は今では「難しいほう」の作業を任されることが多いです。

更に言うと。「お試し」として、まだ登録はしてないけど来てる方々が今、多いので。
ちょいと定員オーバーになるような日も。


そんなこんなで。
うっかりすると遠のいてしまうかとも思うくらい、グループLINEではあまり多くの会話はないです。
  
  さて、ここで本題です(前置きが長い)

高校の友人の、誕生日。
ある時、携帯のアドレスのところに相手の誕生日を登録したり、手帳にメモをしてみたり。
 そのおかげもあり、同級生の女の子は全員分、毎年LINEでだけでもと、出来る限りその日にグループLINEでお祝いしてます。

なかには、グループから抜けた子もいますが、そしたらば、個人でお祝いして。
とても驚かれることもありながら、やっぱり嬉しそうに祝われてくれます。笑

誰かに何も言わなくても。前触れなく
「おめでとう!」
と、お祝いされるのって、どんなに大人になっても「覚えてくれていた」というのは、やっぱり嬉しいものかと思います。

皆さんも。
そういう相手がいて、祝いを伝えようかと迷ってるなら。
ぜひぜひ、サプライズに言葉だけでもいいと思うので、祝ってあげてはいかがでしょうか?




いつもありがとうございます ~一つでも押していただけるととても励みになります~

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 発達障害へ
にほんブログ村
にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

私の中の「当たり前」は

2019-01-17

Category :日々のこと

こんにちは。
今年もよろしくお願いします。



 それは、ある日の母との会話から。
きっかけの話は、なんだったのか忘れてしまったんですが。

人の中には。オリンピック選手になって、競えるくらいに運動神経が良いひともいる。
でも、反対に。カーターや杖がないとおぼつかない歩きのひともいるし。
小さな子どもでも、車椅子を必要とする子もいる。


音に過敏になったり、つい乗り物の発車音に大きな声で反応してしまうのは、なにも子供だけではない。
大の大人でも、スーパーで買ってほしいものがあれば、
それがほしくて愚図るひともいる。
 泣きだせば、ほかの家のひとは驚くし、子供の中にはつられ泣きしてしまう子もいるものだ。
 あと、ぬいぐるみを抱えている大人も、時にはいるだろう。 

きっとほかにも色々あるけれど。
それらは、私にとっては、さして驚くことではない。「慣れ」というよりは。それも、「人混みの中の一点」という感じ。
「ああ、これだけ人がいれば、いるものだよね、ちょっとあそこの人パニックになっていそう」


そういう環境を、母と話した時に
「それも、人の中にはいるものでしょ。当たり前だよ」
 そう言うと、こんな風に返された。
「あなたは、兄弟がこんなだから、その分そう思うのかもしれないけどね。世間はそんなに甘くないの」

……こういう面では、いつもそうだ。
「私の中での当たり前」を、大人たちはよく否定する。

「こういうひとも、当たり前に居る」のと
「あの人は、こんなにも辛い思いをしている」
は、同じ類の感情ではない。
けれど、私の伝え方がいけないのか、
 「あのこは、一生懸命に生きているのよ? すごいことでしょう? それが見て分からないの?」
そんな目を、向けられる。

――なら、みんなで同じことを言って、そのひとの「同じ部分」ばかりをもてはやすの?
 ……まるで、生きる人形ね。つまらない。

「すごいことでしょう?」と思うくらいなら、もっとほかの部分にだって、眼を向けてみたら?

 そういえばと、例えばよく見てみれば。
「あれ、この前まで洋服の裏返し直すの嫌がってたのに、今日はちゃんと直してる…!」
 ↑これは、我が家ではまだ達成出来てないけれど。


「当たり前」というのは、「それ」が、今ではちゃんと定着している、ということ。
 なら、良い当たり前なら、どんどんそれが増えていけば言い、と思う。


いつもありがとうございます ~一つでも押していただけるととても励みになります~

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 発達障害へ
にほんブログ村
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 統合失調症へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

令和初になっちゃいました

2019-08-29

Category :日々のこと

こんにちは、お久しぶりです。月凪です。

……ほんっとに、お久しぶりですよね。すいません💦
なんと、この記事が私にとって、年号が変わってから初めてのものとなりました。


 では、とりあえず近況報告としますね。

次男と私は今、皮膚科で薬を処方されています。
 次男は、肌の炎症に対して。
(それなりに良くなってきていて、後は少量の薬と、自然回復に任せる、との話)
 私のほうは、長年消えずにいた、頑固なニキビに対しての薬を。
 (経過は良いようですが、まだ消えてはいない)

 あと、次男のお風呂は、いつの間にか父任せに戻りました。
でもその結果、自発的に動こうという気持ちがなくなっていっています。服は裏返しのまま、靴下も丸まってたり。
 あれです、父は甘やかしすぎる所があるからですよね、きっと。
 ちなみに。父と長男に至っても、同じようなことになっているので、母の怒りもちょこちょこ爆発してたり……。



 さて。センターはセンターで。

ちょっと、この春夏で、トラブルもぼっ発です。
 あるおばさんが、どうにも思ったことを、深く考えずそのまま発言するのですが。
 それが、
年上の人に対しての言い方じゃない、とか。
「あの子はこうなのに、私はいけないの?」と、
本人の中での「自分と似てる人」と、自分を比べてきたり。(不快な比べられ方)

 「人懐っこい」を通り越し、誰にでもホイホイと付いてっちゃうとか。
「無邪気」というよりかは、礼儀や言葉選びが成ってない。
モンスターです。

そんなふうに、居る人いる人とトラブルになってを何度も何度も繰り返してるもので。
 その、最近の結果が。
「週に1回にしましょうか」

なんと、最大週5で来ていたのが、週3になり、それでも来る度に誰かとトラブルになったりしては、場の空気を悪くするもので。

 そういう経由があって、おばさんは、今は週1になりました。

で、そういうことがあって、何度もスタッフと問題があるたび面談してきていて。
 少しは変化が出てくるかと思いきや。

「あんまり変わっていないね」
 まったく、成長が見当たらない。
このままだと、その週1すら受け入れてもらえなくなるかも。
(すでに利用者の大半に呆れられている)

 結論! 人前で、嘘をついたり、人と比べて相手に嫌な思いをさせない! 「悪口」と思われるような話はしない!
(特に相手の前では)



さてさて。近況報告はこのくらいで。
何度も来てくださっていた方、ありがとうございます。いつもすいません。
 この次が、どのくらい後になるか。
私にもわかりません。1週間後かもしれない、来月かもしれない。うっかりクリスマス頃かもしれない。


 センターには、いろんな病気、障がいを持つ方がいて。
年代もバラバラなら、考え方も違うこともある。
いろいろ問題を起こす方がいれば。
実は……と、水面下で困られている方もいる。

 まだまだ、私には。学ぶことは沢山あります。

訪問、ありがとうございます。またよろしくお願いします。どうか、気長に待っていてくだされば、こんなありがたいことはないです。
 では、また。


いつもありがとうございます ~一つでも押していただけるととても励みになります~

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 発達障害へ
にほんブログ村
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 統合失調症へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

NEW *TOP* OLD

プロフィール

月凪あゆむ

Author:月凪あゆむ
 家族構成
・父
・母
・長男、   自閉症
・兄(次男)、 脳性麻痺+自閉症
・長女(当人)、統合失調症

となります。
個性あふれる一家ですが、どうぞよろしくお願いします。

最新記事

カテゴリ

最新コメント

リンク

月別アーカイブ

フリーエリア

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 発達障害へ
にほんブログ村 にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 統合失調症へ
にほんブログ村 にほんブログ村 小説ブログへ
にほんブログ村 にほんブログ村
人気ブログランキングへ このエントリーをはてなブックマークに追加

カウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR