FC2ブログ

2018-11

それぞれの距離感

2015-10-27

Category :自分以外のこと

こんにちは。
今回は、長男のお話です。

長男の小さな変化の後。
 最近はどちらかというと50音のひらがなが書かれた「文字ボード」と呼んでいるボードを、ちょこちょこと使うような日々です。

彼は「音と文字が一致していない」ところがよくあります。
それがよくわかったのが、この前。

彼がボードで
「おしこひ」、「おひしつ」、「おつひこ」

なんて感じで、本人が困っていたので、
「音がわかんない?」
 
…で。
「あ、い、う、え、お。
か、き、く……」
と、1音ずつひらがなを読み上げまして。

「つ」のところで、反応があり。

言いたかったのは
「おひっこし」
でした。
彼の友人が、引っ越しをする、と。
 …よし、解決!

というところで、(長男は苦手な)父が出てくると。
スゥっとボードを下げて、部屋へ…。

父は
「……?」
と、またどこかへ。
すると、話し足りなかったらしい長男がまた登場。
で、父が出てくると、また逃げる長男…。


父は、もっと長男と話をしたい。
それはわかるんですが。
話すときの、「父のペース」になると、それが長男が苦手とする、
「早口+ぼそぼそ声+上から目線」
になるようで。

片方が喋れない上、喋る側(父)があんまり長男のことをわかってないので
(いつも喋らないので、当たり前ではありますが)。
なんだか呼吸が合わないような、いきなり素っ頓狂な話になってたり、とか。


…簡単にいえば、「距離感」の問題なような気がします。言葉のハンデ云々以上に。

……でも、「娘」から諭されても、「父親」としては
「なんでそこまで言われなければいけないんだ」
と。うちの父ならそうなる気がするんですよねえ。

「親の威厳」……というよりは、父の場合は「プライド」でしょうか。


私1人相手だと、長男は案外、柔軟な、というか。
家族揃ってとかよりは、
ちゃんと最後まで、多少言われたくないことでも、聞いてくれます。
 私のやり方として、「後のフォロー」として。
「こういうことは出来るんだし…」
とか。
「お父さんは、ほら。いろいろ不器用じゃん?」
とか。
「ここ覚えられたら、もっと友達とか指導員さんとかと、上手く話せるんじゃないかと、思うんだけど…」

前によく、父が
「お前のために、言ってるんだよ?」
というのも。
長男からしたら、
長男のプライドを傷つけるような意味にも、なりえますよね。
「それぐらいわかってるのに」
「もっと自分で出来るのに」
…とか。

…………。
家族といえど、
「距離感」って、大切ですよね。
…いえ、「家族だからこそ」
でもありますね。

では、また。





いつもありがとうございます。押していただけるととても励みになります~

にほんブログ村 その他日記ブログへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
関連記事

* comment *

家族だからこそ距離感も大切なものです。夫婦円満の秘訣も距離感と聞きますからね。ほどほどの距離も大切なんだと思いますね。家族だからこそ。家族ですから。

Re: タイトルなし

ありがとうございます。

ごもっともです。
難しいのは、父も長男も、親子そろって頑固なところです…。
「似なくていいとこばっかり似る」
と、母がよく嘆いてました。苦笑

* comment *


管理者にだけ表示を許可する

紅茶依存 *TOP* 文化祭シーズンとうちの内

プロフィール

月凪あゆむ

Author:月凪あゆむ
 家族構成
・父
・母
・長男、   自閉症
・兄(次男)、 脳性麻痺+自閉症
・長女(当人)、統合失調症

となります。
個性あふれる一家ですが、どうぞよろしくお願いします。

※現在改装工事中です

最新記事

カテゴリ

最新コメント

リンク

月別アーカイブ

フリーエリア

にほんブログ村 小説ブログへ
にほんブログ村 にほんブログ村 病気ブログへ
にほんブログ村 にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 統合失調症へ
にほんブログ村 にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 自閉症へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ このエントリーをはてなブックマークに追加

カウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR