FC2ブログ

2018-11

電車内での、とっさの対応

2015-11-18

Category :雑記

とある日のこと。


この前、電車の中で初めての「経験」がありました。

座っていた私のとなり、電車のドアに
寄りかかっていた方が。

苦しそうな咳き込みのあとに、その場に座りこんでしまったのです。
そんなこと、初めてだったせいか、判断が少し遅くなったのですが。

考えながらキョロキョロしたら、3人ほどと目が合いました。困

1分くらいでしょうか。
ちょっと考えて、
「もしもし…?」
と、声をかけたのですが。
その時に中学生くらいのお嬢さんと、声が重なりまして。

「あっちの席も空きましたから」
座った方が、とのようですが。

私が座っていた席に(その方が近い)座っていただいて。

その後の対応は、我ながら「慣れてる」感がありましたね。笑
(実際は初体験)

「駅員さん呼びますか?」
から始まり。
「朝とか、電車に乗る時は、大丈夫だったんですか?」
 朝から風邪ぎみだったらしく。
「ちなみにどちらでお降りに?」
 私が降りる、一つ前の駅なので、そのまま。
いいのか悪いのか。
「いま寒いですものねえ…」
なんて、たまに声をかけて。

駅員さんはいいと言って。
そのまま降りる駅で降りて行きました。
足取りはしっかりしていたんで、と、車両では真ん中あたりなので、駅員さんは呼べず。
あとは、おおごとにしていいのかもわからなかったんで。


で、最後に。
心情的に、正しいのかはわかりませんが。
声をかけてくださったお嬢さんに
「気にかけていただいて、ありがとうございました」
 …ちょっと苦笑いに見えました。
少し申し訳ないような気もしますが。

(その周りのお方たちは、ものすごーく、優しい目をしてるように見えました…)

これがもし、もっと重症なパターンだったら、と思うと。
「人命救助」?は、素早さも大切かなと、思うんで。

……まあ。私も行動的になったものですなあ。笑

そんな、とある日のお話でした。



いつもありがとうございます。押していただけるととても励みになります~

にほんブログ村 その他日記ブログへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
関連記事

* comment *

自分にやれることをするしかないです。
それがどこまで限界なのか。それを見定めるのも必要ですが。
そこで困ったなら、救命救助の講習を受けるか。
あるいは、それができないのであれば、人助けは自分ではできないと諦めるか。。。

・・・まあ、その辺の見定めは必要だと思います。
素人で人助け~~は綺麗に聞こえますが、実際に難しいのを私は知ってます。
。。。まあ、医療関係者でも毎年救命講習の訓練は受けているんですけどね。

Re: タイトルなし

…そう、ですね。
良かれと思ってやったことが、実際は中途半端な行いだったとか。いらぬおせっかいだったとか。望んでいることの真逆だったとか。
そういうこともありますよね。改めて考えると。

「自分にできる限界を見定める」って、なかなか難しいのですね。
(書いた記事が、自己満足のように見えて。なんだか少し恥ずかしい気持ちが沸き起こりました…苦)

考えさせられるお話を、ありがとうございます。

* comment *


管理者にだけ表示を許可する

「いま」を、足掻いたら、その先に *TOP* 変わったり、変わらなかったり?

プロフィール

月凪あゆむ

Author:月凪あゆむ
 家族構成
・父
・母
・長男、   自閉症
・兄(次男)、 脳性麻痺+自閉症
・長女(当人)、統合失調症

となります。
個性あふれる一家ですが、どうぞよろしくお願いします。

※現在改装工事中です

最新記事

カテゴリ

最新コメント

リンク

月別アーカイブ

フリーエリア

にほんブログ村 小説ブログへ
にほんブログ村 にほんブログ村 病気ブログへ
にほんブログ村 にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 統合失調症へ
にほんブログ村 にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 自閉症へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ このエントリーをはてなブックマークに追加

カウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR