FC2ブログ

2018-11

どうして違ってちゃいけないの?

2016-04-08

Category :問題なこと

こんにちは。


うちは、兄は超未熟児で生まれたこともあり、生まれつき自閉傾向の脳性麻痺です。
今も「てんかん」または「発作」、
うちでの言い方で「ひきつけ」の薬を飲んでます。

長男も、幼少時で自閉症を。
私が生まれたころには、二人ともその診断をされていました。


私が小6くらいまでは、二人の通っていた支援学校の。
運動会、文化祭、クリスマス会、ですとか。

そこに、ちょくちょく親について行って、二人の同級生やそのご家族と話をしたことも、1度や2度ではありませんでした。
(長男の同級生のお姉さんにだっこされたのは… 苦笑)

そこでは、
「みんな違ってみんな良い」
みたいな感じで、それぞれの。
 症状が軽度だったり、ある程度動けるような子には先生一人。
 重度だったり、動きが危なっかしいような子には、先生二人、とかでついて。

 その子によって、「できること、できないこと」がそれぞれ違うのが「あたりまえ」なんですよね。


そういうのを見てたうちに。
自分の周囲に
「なんでだろう?」
と思うことが、小・中学で多くありました。

なんで、御手洗まで一緒にいくの?
とかもあれば。
 なんで、周りと違うことを言うとだめなの?
 なんで、「そんなこともできないの」なんて言って、ひとを見下してるの?

 少しくらい違ったって、
できないことがあったって、

―なんでそんなに、不思議がられるの?

―それぞれ違うのは、あたりまえじゃないの?

―どうして、いじわるしたりされたりするの?

――なんだか、すごくおかしい。 そう思うのは、私だけ…?
 

そんな感じの考えできたもので。
サポートしてくださっている「市の方(なりたい「自分」)」とのお話では、
 「もしかしたら、障がい持ちの人とかのほうが、同年代の人よりは得意? なのかもね」
 なんて、お話もしたり。
 (同年代には対人恐怖強し)

「周りと違う」
それは、あたりまえであるはずのこと。
個性です。
いつか、あなたにとっての「武器」になるかもしれません。
だから。

「違う」ことを、捨て切ってしまわないで?

なんて、若輩者の独り言でした。笑





いつもありがとうございます ~一つでも押していただけるととても励みになります~

にほんブログ村 家族ブログ 家庭・家族へ
にほんブログ村
にほんブログ村 病気ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 統合失調症へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
関連記事

* comment *

人は誰だって違います。
私は私で悩みがあるように、みんな悩みがあります。
違うからこそ自分を分かってくれるのは自分だけです。
家族でも完全に理解することはできないです。
違うからこそ他人を愛してやれるのです。
・・・と個人的に思っています。
(*ノωノ)

Re: タイトルなし

どうも。

語ってくださり、ありがとうございます。
そういう考え方も、あるんですねえ。納得です。

毎回、ありがとうございますね♪

こんにちは

みんな違うから
いいんですよね(^^)

その人には、その人にしかない個性が
あるから尊いのだと思います。

七つのランキングボタン
すべて押させていただきますね!


Re: こんにちは

こんにちは。
いらしていただき、ありがとうございます。

はい、「人それぞれ」の個性ですよね♪

え、よろしいのですか!?
 ありがとうございます。とてもとても、励みになりました…!

そのうち、こちらからもコメント等させていただくかもしれません。
その時は、どうぞよろしくお願いします!

* comment *


管理者にだけ表示を許可する

つられちゃいけない「若者コトバ」 *TOP* なりたい「自分」

プロフィール

月凪あゆむ

Author:月凪あゆむ
 家族構成
・父
・母
・長男、   自閉症
・兄(次男)、 脳性麻痺+自閉症
・長女(当人)、統合失調症

となります。
個性あふれる一家ですが、どうぞよろしくお願いします。

※現在改装工事中です

最新記事

カテゴリ

最新コメント

リンク

月別アーカイブ

フリーエリア

にほんブログ村 小説ブログへ
にほんブログ村 にほんブログ村 病気ブログへ
にほんブログ村 にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 統合失調症へ
にほんブログ村 にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 自閉症へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ このエントリーをはてなブックマークに追加

カウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR