FC2ブログ

2018-11

褒め言葉のなかの「個性」

2016-08-12

Category :日々のこと

…私はよく、
「ひとをよく見てるよね」
等のことを、褒め言葉として言われます。
でも、ちょっと素直に喜ぶことができなかったのですよ。
 何故かというと。
そう言ってくれる、私の周りのひとも、よくひとを見てるんです。

 とあるひとは、高校の後輩から
「ナチュラルに心理学を学んでる」
とか、言われてたことがあったり。

私、簡単に言うと、褒め言葉を、あんまり素直に受け取っていなかったんですね。

「あのひとのほうが、私よりも立ち回りとか上手い」
だから、私はまだまだだ。とか。

 でも、少し前に分かった気がします。
そういうことでは、ないのかもしれない、と。


とある日、センターのスタッフさんと、何でもないことを話しながらの作業。
「動物を飼っているか」という話で、長男が昔、犬に追いかけられたらしい、とか。
 あとは、長男が、父を苦手に思っている理由を、私なりの解釈で話してみたり。

ふと、
「月凪さんって、観察力ありますよね」
と、言われて、
なぜ? と聞くと。
「説明が、すごくわかりやすい」
とのこと。
目に浮かぶようだ、と褒められました。
 「相手をよく見てる」とは、よく使われた言葉なんですが。
…あれ、そういえば。
高校の同級生のとあるひとの、人伝で知った私の評価が。
 「思ったことを一気に話して、こんがらがった内容になっても、ちゃんとまとめてくれる」
というようなことを聞きましたね。
 …だってあのひと、整理しないと何を言いたいのかわからず「???」ってなって終わってしまうんですもの。


そんな、ちょっとしたことで、気づいたんです。
 「ひとをよく見てる」
というのもある意味、そのひとの「個性」というものなのではないか、と。
 私の場合、スタッフさんの言葉を借りるなら。
 「何が、どうして、こうなって、ああなった」
という、「順序だった行い、物事の説明」が得意、なのかな、と。

そして、私の周りの方々は。
「相手を丸めこむのが上手い」とか。
「相手の考えを理解するのが早い」だとか。
「立ち回りが上手い」のも、ですね。

「長所、短所」ってのも、「個性」の一つ、なのかな、と。
どこまでを出して、どこまでを抑えるか。

そして、言葉の意味の違い。
例えば「優しい」
 手助けをしてくれる、とか。
 相手に寄り添うことができる、とか。
 困っているひとを見ると、放っておけない、とか。
 …意味、というよりは「ニュアンス」かもしれませんね。
「同じだろう」と言われても、仕方ないかも知れませんが。
 ですが。
友達の話を聞くのと、見ず知らずのひとを気遣うのって、ちょっと「同じ」とは言えませんよね…?


長所は伸ばして、短所はコントロールして。
伝えたいことが、ちゃんと伝わってくれますように。
ではでは。


いつもありがとうございます ~一つでも押していただけるととても励みになります~

にほんブログ村 病気ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 統合失調症へ
にほんブログ村
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 自閉症へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
関連記事

* comment *

そうやって長所があるのは良いことですね。
他人から言われると余計に嬉しいですよね~~。
最近、私は沈んでいるので、自分の長所も見失いないそうだじぇ。。。(ーー;)

Re: タイトルなし

どうも。

そうなんですか…。
それは…。お疲れさまです。

誰か、支えてくれる方がそばにいてくださると、いいんでしょうけど、ね。
休めるときに、ゆっくりしてくださいな。

* comment *


管理者にだけ表示を許可する

おじいちゃんの遺したもの、2 *TOP* 一段落したら

プロフィール

月凪あゆむ

Author:月凪あゆむ
 家族構成
・父
・母
・長男、   自閉症
・兄(次男)、 脳性麻痺+自閉症
・長女(当人)、統合失調症

となります。
個性あふれる一家ですが、どうぞよろしくお願いします。

※現在改装工事中です

最新記事

カテゴリ

最新コメント

リンク

月別アーカイブ

フリーエリア

にほんブログ村 小説ブログへ
にほんブログ村 にほんブログ村 病気ブログへ
にほんブログ村 にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 統合失調症へ
にほんブログ村 にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 自閉症へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ このエントリーをはてなブックマークに追加

カウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR