2017-10

家族でも、上手くいくこといかないこと

2017-07-14

Category :自分以外のこと

こんばんは。
ご訪問ありがとうございます。
何を書こうと、なにを考えたいだろうかと思っていたらこんなに
日が経ってしまいました、本当にすみません。


さてさて。
今年もやってまいりました。夏です。
長男と父との、男二人旅行!
......の、計画。

ただ、これには難問が。
正直、長男と父とでは、あまりコミュニケーションがとれてないんですよ、苦笑


毎年、ギリギリまで、
「いつ、どこへ行きたいか」
が、なかなか長男が話してくれないんです。


それからそれから。
最近、長男が無愛想です。
あ、ちょっと違いますね、正しくは「よそよそしい」とでも言いましょうか。

もともと、家族みんなとコミュニケーションがちゃんととれているかといると、不足ぎみなんですが。

うーん......。いじけている? やさぐれている?
おざなりになってきた?


とにかく、そんな感じで、最近は父だけでなく母にまで、心を閉ざしぎみです。

実は私も、閉ざされかけたときもあったんですが。
「ここで私まで話しなくなったら、家族誰とも話してくれなくなるよね」
と、思い直して、「とりあえず聞いてくれるひと」として。
父や母では応えてくれなかったこと、それから、妹だから聞けること。
ちょこちょこと、聞いてます。

...で。
話していて、思うのが。
どうしても、やっぱり「コミュニケーション不足」な部分があるんです。

例えば。
「ここに行きたい」
というと
「え...、ここ? こんなところ? 遠いよね...えー...」

その「反対されそうな」雰囲気に、
「ああ、この人は僕の話は聞いてくれないんだ」
そんな風に、思っているんじゃないかなと、
妹の勘というか、長年見てきた彼の性格から、思うんです。


だから、言ってみました。
「どんなことでも、思ったこと、聞いてほしいことがあったら。まずは[話す]こと。そこからが、コミュニケーションのはじまりだよ。人間、それぞれ考えることは同じじゃないから、いろんな反応がある。それもひとつの勉強じゃないかなと思うよ」
「んー...、そうだよね。声にできないから、[お願い]と[決めたこと]とか。意味合いの区別は、なんとも難しいんだよねぇ...。」

教育してるつもりはないんですが。
アドバイスのようなことを言いつつ、本人の気持ちに共感してもみたり。

それをふまえて、父にまず、
「長男の話、柔らかく、穏やかに聞いてあげて?」
と言ってから

長男、いざトライ!

そして……。
なんとか言えたじゃないですか、行きたいところの話!
よかったです、1歩前進。父も、今回は
「えー?、ここ?」
と言うこともせず。

うんうん、やっぱりお互いの歩み寄りって、大切ですよね!


最後に、
「いつも、聞かれたことに対して、どっちつかずに曖昧だから、こっちも悩むんだよ。もうちょっと、思ったことをそのままに応えられるといいよね」

[~よね]なのは、いろんなことを一気に全部考えられほどは、人間、器用だとは思ってないもので。
「慌てて急いで」よりも
「ゆっくり確実に」でいいので。
お互いに、上手く理解し合えると、いいですよね。

ではでは、また。



いつもありがとうございます ~一つでも押していただけるととても励みになります~

にほんブログ村 病気ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 統合失調症へ
にほんブログ村
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 自閉症へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
関連記事

* comment *

* comment *


管理者にだけ表示を許可する

いま、できることを *TOP* 育ち方と環境と、現場

プロフィール

月凪あゆむ

Author:月凪あゆむ
 家族構成
・父
・母
・長男、   自閉症
・兄(次男)、 脳性麻痺+自閉症
・長女(当人)、統合失調症

となります。
個性あふれる一家ですが、どうぞよろしくお願いします。

最新記事

カテゴリ

最新コメント

リンク

月別アーカイブ

フリーエリア

にほんブログ村 小説ブログへ
にほんブログ村 にほんブログ村 病気ブログへ
にほんブログ村 にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 統合失調症へ
にほんブログ村 にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 自閉症へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ このエントリーをはてなブックマークに追加

カウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR