FC2ブログ

2018-11

障がいは「悪」でなければ必ずしも「正」ともいえない

2017-09-28

Category :雑記

さてさて。



こんなふうに考えるひとも、いるんでしょう。
「障がい者は、『意地悪される』ことはあっても『意地悪する』ことはしない」
体験談で、答えは「NO」です。

障がい者といっても、人間は人間。
兄たちの学生時代が、そんな感じです。

むしろ、「こだわり」が強い子が多い分なのか、物の取り合いだったり、ひとのものを壊す子もいたようです。
(授業参観にて、私はぬいぐるみを取られた過去が)
なかには。親の前でだけは「いい子」になる子も...。
その辺は、そこらの子どもと変わりませんよね。


さてさて。
センターのとある方は、よく
「今日また、車にひかれそうになったよー!」
と、いいます。
でも、聞いてると。
彼が自転車で、信号待ちの際に車道のほうに出てきてたりで、声をかけられるに対して
「はあ? なんでそんなこと言われなきゃならないんだよ」
と、だいぶ車道側を走って……。
で、ちょっと危ない思いをした、というようなんです。走り方を見てる方からすると。
そして、あるとき彼は車に言ったそうな。

「こっちは障がい者なんだぞ!」

...えぇ? そんなこと言うの?
自転車のマナーなんて、障がい者健常者関係ないんじゃないのー??

自分の行いこそが正義。そんな彼がこちらの助言を聞くことはなく。
「彼、いつか絶対痛い目見るよね…」

そう、みんなで思っていたら。
なんと、本当に「痛い目に会っちゃった」ようで。
ここ数ヶ月、顔を見てないですね。
 これに懲りて、自転車でもルールを守った、安全運転になってくれないかなあ。

健常者でも、障がい者でも。
世の中では、「やっていいことと、悪いことがある」それは同じじゃないでしょうか。

肩書きとか、見た目とかで、
「あの人はこうだから、いい人・悪い人だ」
そんなに簡単に、決めつけるのは、早いですよね。



いつもありがとうございます ~一つでも押していただけるととても励みになります~

にほんブログ村 病気ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 統合失調症へ
にほんブログ村
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 自閉症へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
関連記事

* comment *

* comment *


管理者にだけ表示を許可する

「虐めないひと」と「優しいひと」は同じではない *TOP* 欠けているところ、できちゃうところ

プロフィール

月凪あゆむ

Author:月凪あゆむ
 家族構成
・父
・母
・長男、   自閉症
・兄(次男)、 脳性麻痺+自閉症
・長女(当人)、統合失調症

となります。
個性あふれる一家ですが、どうぞよろしくお願いします。

※現在改装工事中です

最新記事

カテゴリ

最新コメント

リンク

月別アーカイブ

フリーエリア

にほんブログ村 小説ブログへ
にほんブログ村 にほんブログ村 病気ブログへ
にほんブログ村 にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 統合失調症へ
にほんブログ村 にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 自閉症へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ このエントリーをはてなブックマークに追加

カウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR