FC2ブログ

2018-11

打ち明けたくない理由

2018-01-21

Category :自分以外のこと

どうも。ご無沙汰してます。
今年もよろしくお願い致します。スローですが。笑




年が明けてからくらいに、両親と私で、母の実家へ行ってきました。
そこで。

私や、母は特に何度も聞いていた、「障がいを持つ孫がいることを話さない理由」
祖父の葬式で、何故「家族葬」にして、親戚も呼ばなかったのか。

祖母が、「あなた(父)にはわからないと思うけれど」と、過去の話をしました。



この世の中、様々な家族の形があり、様々な恩もあれば、因縁もありますでしょう。
父はどちらかというと、障がい者や、それを取り巻く人、環境やらについては、鈍感です。

逆に、母はできることなら、そこまで周りに知られたくない、という気持ちがあるようです。

そんな中で、私は。小さい頃はよく、兄を連れだして、近所の公園を出歩いては、いじめっ子に追いかけられたりも。
…あ、そうそう。
確か、ある日には、悔しい想いをして帰ったことも。
「なんで、一緒に歩いてただけでちょっかいだされるの。なんで、ちゃんと反撃できなかったの」

たぶん、情けなかったんですね。
元々、いじめられっ子な自分の、兄のことまでちょっかいかけられて。それにろくに対抗出来ず、逃げるように帰った「自分自身」が。


「噂話」って、怖いんでしょうね。あっという間に、尾びれ背びれついて、歩き回る。
祖父の家族間というのは、とても悪く、祖父自身、酷い扱いをされたらしく。

だから、孫が障がい児だなんて知られたら、あることないことを、母も含め、悪く言われてただろう。
だから、言わないんだ、と。祖母は言いました。


悲しいことですが。
「家族または親戚に、障がい者がいる」
それはけっこう、今の世の中では、重石にされてしまう。

祖父の葬式では、兄が発狂乱。
いきなり母が離れて、馴れない服を着て、知らない場所を歩いて。
環境の変化に弱い兄にとっては、パニックになるのも当たり前、だったんでしょう。
私は祖母のそばにいたので、その時の兄についてはほぼ父任せで。
それも、いくらかあったのかなぁ。
母の弟さんには、どこか預けられる所とかはないのか、と頭を抱えられました。

涙も流せないお葬式。



兄たちの同級生さんのなかには、お母さんのお葬式に、子どもとおばあさんは出られなかった、と。(子どもが騒ぐからと)
おばあさんは、娘を最期のさいごに、ちゃんと見送ることが叶わなかった。とても、悲しく寂しい話です。


あれあれ、いろいろ書きましたが、はたして私は何をどう言いたかったのでしょう。(思ったことを、つらつらと…)
この記事の最大の謎ですね。すいません。苦笑

ではでは、また。


いつもありがとうございます ~一つでも押していただけるととても励みになります~

にほんブログ村 病気ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 統合失調症へ
にほんブログ村
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 自閉症へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
関連記事

* comment *

* comment *


管理者にだけ表示を許可する

花束を渡すために *TOP* アドリブいっぱい

プロフィール

月凪あゆむ

Author:月凪あゆむ
 家族構成
・父
・母
・長男、   自閉症
・兄(次男)、 脳性麻痺+自閉症
・長女(当人)、統合失調症

となります。
個性あふれる一家ですが、どうぞよろしくお願いします。

※現在改装工事中です

最新記事

カテゴリ

最新コメント

リンク

月別アーカイブ

フリーエリア

にほんブログ村 小説ブログへ
にほんブログ村 にほんブログ村 病気ブログへ
にほんブログ村 にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 統合失調症へ
にほんブログ村 にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 自閉症へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ このエントリーをはてなブックマークに追加

カウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR