FC2ブログ

2018-11

13. 守られるべきはなにか

2018-03-20

Category :思うこと、感じたこと。

――子どものころの、辛い体験というのは、思いのほか心をえぐられるものだ。
 そして、ぽっかりと開いてしまった穴は、なかなかに、埋められないものだ。


 作者は、いわば典型的な「いじめられっ子」だった。
 人望がなかったわけではない。差し伸べようとしてくれた手もなかにはあったし、高校では縦にも横にも、友人に恵まれた。
 これは、高校よりも前のこと。
 


「菌がいる」
「あいつの触ったものなんて、汚いから触れない」
「キモい」
「死ね」

 それらの言葉を「聞き飽きた」のは、小学校中学年ほどの頃。
 小学校では男子多数。中学校では一人の女子。
 更に言えば、「自覚のないいじめ」として、小学校から中学にかけて、ある一人の女子から。


 時には折れた傘で、追いかけられランドセルを傷つけられたり。

 靴を隠されたり、画びょうを入れられたり。それを見ても担任からは
「あの子はハーフだから。しょうがないのよ」と言われて。誰が味方か、そもそも「味方」なんているのかもわからなくなったときもあれば。

 帽子を砂場に投げられ、「取ってこーい」と遊ばれるは。雨上がりに、傘を車道に投げられるは。剣のようにして、傘をぶつけられたりもした。
 テレビドラマのごっこ遊び(乗ったつもりはない)で、悪役のように、
「けがらわしい!」と言われては平手打ちされる日々もあった。
 母が相手の母に聞くと、
「ちょっとふざけてるだけよ。きっと悪気はないわ」なんて言われたとか。


 ……きっと、今思うと。
 「聞き飽きた」と思うのは。そうでもしなければ、その環境に対応できない、と。
 壊れていく心を。自分で自分に隠していたんだと思う。
 だが、「隠す」ことにも限界が到達したとき、私はついに、「全てに恐怖」し、「全てに遠慮する」ことに対して、疑問すら抱かなくなった。
 ――ついに、心が粉々に壊れたのだ。


 今は。
 信頼できる友人に出逢えたり、クリニックでカウンセリングや、薬の処方をしてもらったり。過去のことをちゃんと母と話したりなどで。
 
 壊れたパーツをゆっくり作り上げて、それを繋げているようなところだ。
 それでも、「ひとに遠慮する」ことばかりは、まだまだ変えられない。「名残」とでもいうのか。


 ――いじめ。
 それは、どんな場所でも、様々なカタチで起こりうることであって。悲しいことに、きっとそう簡単に無くなってはくれない。
 自分で「いじめている」という自覚がなく、けれども相手や見る人からすれば、完全に「いじめ」であるケースも、なかにはある。
 体験談として、「無自覚」ほど恐ろしいものはない。
 その時、辛いだけなら、まだマシなのかもしれない。
 私のように、そのひとの心の奥底に、深く残ることも多くある。
 
 そこまであるのに。
「うちのクラスに虐めはない」と、加害者を庇う教師たち。
「まさかうちの子が、そんなことするわけない」と、子どもを信じすぎて、子どもたちの闇に気づかない親たち。

 ――大人たちは、本当に大切なことが何なのかを、何処かに置き忘れてしまっているのかもしれない。
 一番に傷ついているのは誰なのか、それをちゃんと知って、認めて。その子どもの心を、守らなければならないのに。

 だが。着目すべきは、被害者側だけではない。加害者側の子どもが「どうして」そうあるのか。そちらを見逃してしまえば、「いじめ」なんて、何度でも起こる。
 一見、「気にくわないから」だと言っても。もしかしたら、その心理には、本人なりの「闇」があることもある。ないときもあるが。
 

 個人的に、深く印象に残ったことは。
 生徒の心を守らなければいけないはずの教師が、「諦めなさい」かのごとくに、手を引っ込め、守ってくれなかった。
 それまで、「普通」に、仲の良いと思っていたひとに、ある日から近付くことすら、拒まれる。

 ――信じていたひとに裏切られること。そうして、全てが自分から遠ざかっていくこと。
 その果てに、「全てを諦めること」を覚える。それは何よりも、辛くて苦しくて、痛くて悲しいものだ。
 そんな思いをする人は、自分ひとりで、もう十分だ。



いつもありがとうございます ~一つでも押していただけるととても励みになります~

にほんブログ村 病気ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 統合失調症へ
にほんブログ村
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 自閉症へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
関連記事

* comment *

* comment *


管理者にだけ表示を許可する

お久しぶりに、また *TOP* 12. 「自分の」ものさしは自分で測るもの

プロフィール

月凪あゆむ

Author:月凪あゆむ
 家族構成
・父
・母
・長男、   自閉症
・兄(次男)、 脳性麻痺+自閉症
・長女(当人)、統合失調症

となります。
個性あふれる一家ですが、どうぞよろしくお願いします。

※現在改装工事中です

最新記事

カテゴリ

最新コメント

リンク

月別アーカイブ

フリーエリア

にほんブログ村 小説ブログへ
にほんブログ村 にほんブログ村 病気ブログへ
にほんブログ村 にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 統合失調症へ
にほんブログ村 にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 自閉症へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ このエントリーをはてなブックマークに追加

カウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR